ガレージがなくても問題なし:駐車場のためのエレガントなログソリューション

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ハウツー

車を2台以上お持ちのご家庭では、駐車場がすぐに問題になります。 自宅やキャンプ場、屋外スペースの拡張は、一般的なソリューションです。 駐車場は必ずしも問題ではありません。

この問題を解決するために、私たちはティンバーガレージのソリューションを提供しています。 1台分のガレージも、大きな2台分の駐車スペースも確保できます。 お客様がキャンプサイトに駐車することを心配したり、家の増築に多額の費用をかける必要はありません。 ここでは、お客様が十分な情報を得た上で判断できるように、いくつかのティンバーパーキングの選択肢をご紹介します。

ティンバーガレージの種類

ガレージには様々な種類があります。 ガレージの大きさは、何台の車を停めるかで決まります。

小さなログガレージ - 小型のシティカーにお乗りの方には、このソリューションが最適かもしれません。 4.7×5.7mという寸法は、ほとんどの車に適しており、若干の余裕があります。 この構造は、現場での組み立てが容易で、シンプルな美しさを持っています。 狭い土地にも対応できるコンパクトなサイズです。 これらは、キャンピングポッドやログハウスの素朴な木材の外観に合わせることができます。 この窓付きガレージには、さまざまなサイズ(4x6m)があります。

ガレージがなくても問題なし:駐車場のためのエレガントなログソリューション

中型ログガレージ - 以前のシンプルなログガレージを大きくしたものです。 このガレージは6x9mの大きさで、フロントゲートの上に少しだけ突出した屋根があります。雨量の多い地域ではより実用的です。 このガレージは、2台の車を収容でき、若干の余裕があり、フロントゲートが1つあります。 敷地の素朴な外観は、木材の板でより一層引き立ちます。 このガレージには、6x6mのフロントゲートも2つ含まれます。

ガレージがなくても問題なし:駐車場のためのエレガントなログソリューションモダンなダブルガレージ - 同じ建物の中で、車を別々に駐車するためのソリューションです。 このガレージは、2つのフロントドアを開けると、それぞれの車の駐車スペースがあります。 キャンプ場を運営していて、顔見知りではない2家族の車を駐車する機能が必要な場合には最適です。 各駐車場には、キャンプ用品などを収納できる十分な収納スペースがあります。 それぞれのゲートを個別のリモコンでプログラムすることができます。 高価な建物の美観や経済性を損なうことなく、プライバシーやセキュリティを守ることができます。

ガレージがなくても問題なし:駐車場のためのエレガントなログソリューション

2階建てのダブルガレージ - 充実した駐車場に加えて、2階には収納や居住スペースがあります。 2階部分には二重窓があり、外からは階段でつながっています。 建物へのアクセスを容易にする2つのフロントゲートと、2台までの車を停められる1つの大きな駐車場があります。 2階建てのこのデザインは、グルラム製のガレージやログハウスとして、またキャンプ場としても利用できます。

ログ・ガレージ・キャビン - の小さな一台用の駐車場で、側面には屋根の出っ張りがあります。 このティンバーガレージは、メインの家やベランダタイプのエリアが欲しい方にお勧めです。

木造カーポートは有効な選択肢

ガレージがなくても問題なし:駐車場のためのエレガントなログソリューション

木造カーポートは、ショートステイや風雨に耐えられる車をお持ちの方にお勧めです。 車が1台しかない場合は、4.3×6.3mの小型の カーディフスタイル カーポートは、あなたにとって費用対効果の高い素晴らしいソリューションとなるでしょう。 また、経営者や2台以上の車を所有している方には、6.3×5.9mの大型の リバプールスタイル カーポートもいいかもしれませんね。 屋根は高さがあり、雨水が上に溜まらないように傾斜がついています。

法務・メンテナンス

あなたが所有または賃借している土地に建造物を建てる前に、有能な法律家集団による審査を受ける必要があります。 自分の家の裏庭にカーポートを建てることで、法的な問題を心配する必要はありません。 50%を超えない範囲であれば、自分の土地にカーポートを建てることができるはずです。 これはガレージにも言えることです。 不安な場合は、建設許可が必要かどうか、自治体に相談してください。

ガレージが大きかったり、人が入れるほどのスペースがある場合は、市町村の開発局が許可を出してくれるでしょう。 ガレージをレストランやホテルなどのビジネスに利用する場合は、敷地内に追加の建造物を建てられるかどうかについて、弁護士や不動産業者に相談する必要があります。 念には念を入れた方がいいですよね。

最後に、ログガレージのメンテナンスは簡単です。 2~3年に一度、ニスやペンキを塗ってあげれば、木はそのままの状態を保つことができます。 カーポートの場合、ニスの量は少ないですが、新しいコートが必要です。

木材のガレージは賢明な投資です。 ティンバーガレージは、メンテナンスが容易で、費用対効果が高く、メンテナンスの必要性も少なく、敷地内でほぼ組み立てた状態で納品することができます。 どのオプションが自分に合っているかは、お近くの生産者にお問い合わせください。 がんばってください。