ログハウスキット - 20×20ログハウスの作り方

投稿日:1970年01月01日

20×20ログキャビンキット

ログハウスキット - 20×20ログハウスの作り方

ログハウスの家を建てるのに最も手頃な方法のひとつが、20×20のログハウスキットです。これらのキットは、一度だけの建設に使用することもできますし、カスタマイズして時間をかけて建設することもできます。手頃な価格で、自分の家を建てることができます。

建築を始める前に、決めておかなければならないことがいくつかあります。まず、この家には誰が住むのか。自分なのか、配偶者なのか、子供なのか。自分で建てるのか、誰かに頼んで建てるのか。これらは、建築を始める前に答えなければならない重要な質問です。

次に、ログハウスのキットをお店で購入するのか、それとも自分で作るのか。お金を節約したいのであれば、プランが用意されているので自分で作ることができます。ログハウスを一から作るのは、思ったよりも難しくありません。ネット上には無料で利用できるプランがたくさんあります。キットを買う余裕がなくても、これらのプランを使って、自分が望むものの小型版を作ることができます。

それだけではありません。建物に使用する丸太の種類を選ぶ必要があります。シダー、レッドウッド、パインなど、さまざまな種類の木材があります。また、屋外に建てるのか、屋内に建てるのか。信じられないかもしれませんが、この選択によって、材料の価格や建築の難易度が大きく変わってきます。

屋外で建築する際には、全天候型の木材を使用することができます。この種の木材は、ログが割れたり、ひびが入ったり、乾燥したり、腐ったりするのを防ぎます。また、作業しやすく、清潔に保つことができます。また、明るめの色を選ぶと、構造が長持ちし、見た目もきれいになります。

ログハウスキットを購入する場合は、使用するログの種類を選択する必要があります。これにより、建設がスムーズに進み、問題が発生しないようになります。組み立て済みのプランやキットでは、どのような種類の木材を使用するのか、どのくらい購入するのか、あるいは基礎やキャビンの他の側面をどのように構築するのかがわからないでしょう。これは、それがより困難になり、長い目で見れば、より多くの時間を費やすことになるかもしれません。

建物を建てる前には、しっかりとした計画書を作成しておきましょう。壁の数や素材、組み立て方など、設計図があると安心です。正確な設計をすることは、プロジェクトを計画通りに進めるためにとても重要です。

ログハウスを建てる際、手間のかかる作業は業者に依頼したいと思うことがあります。大工仕事の経験がない場合は特にそうです。この種の建築物を専門に扱う業者に依頼すれば、物事をより簡単に進めることができます。プロの業者は、適切な木材を選び、床材を正しく配置し、完璧な土台を作ることができます。もし、あなたが大工仕事の初心者であれば、最初から仕事をきちんとこなすために、業者を雇うことをお勧めします。

ログハウスのキットは、小屋だけのものから家全体のものまであります。また、スタイルやサイズも様々なものがあります。まず最初に決めなければならないのは、インテリアログキャビンにするか、エクステリアログキャビンにするかです。ログハウスには、ビーチ・キャビンからビクトリアン・スタイルのログハウスまで、さまざまなスタイルがあります。また、森の中に建てられたログハウスのようなアウトドアキャビンもあります。外装キットには、基礎、骨組み、壁、ドア、窓、そして造園も含まれます。

また、自分の仕様に合わせてカスタマイズしたプランを作ってもらうこともできます。木材の種類、窓やドアの大きさや種類などがはっきりしていれば、思い通りの建物を作ることができます。効率的な建築を実現するために必要なオプションもすべて用意されています。ビーチハウスやビクトリアンスタイルのキャビンが欲しかったからといって、最も高価な用品を購入して、最初にすべてを完成させなければならないということではありません。良い計画があれば、プロジェクトをより簡単にし、時間を節約することができます。

ログハウスをはじめ、あらゆる建築物の設計図が掲載されています。ログハウスを作り始めると、それはとても楽しい経験になります。しかし、最初から計画を立てておくことは非常に有効です。設計と計画があれば、物事がスムーズに進み、あなたが望む建物を手に入れることができるでしょう。