木の家をイメージさせる5つのキャビン・インテリア・スタイル

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ハウツー

で 以前の作品 ここまで、あなただけのログハウスのデザインについて述べてきました。 自分のインテリアを作る上での参考になる記事だと思います。 この記事では、より広い範囲で、一般的で簡単に適用できるデザインスタイルを紹介したいと思います。

この記事では、理想の部屋を作るための5つのインテリアデザインのアイデアをご紹介します。 グルーラム・ログハウス. 私たちユーロディタは、27年以上のビジネス経験の中で、このような家が建てられ、繁栄していく様子を数多く見てきました。 私たちは最も公平な提案をします。 を売り出したいと思っている人であれば、モダンな ログハウスデザイン これは理想的なスタート地点です。

インダストリアルデザイン

ミニマルで機能的なデザインで、金属のディテールやディストレストな壁を見せることに重点を置いています。 最もよく使われている金属は銅で、部屋を素朴な雰囲気にしてくれます。 家具はモダンで実用的でなければなりません。 ペイントされた壁は、独特のディストレスト感があって人気があります。色はナチュラルかホワイト。 このスタイルをお考えの方は、まず、エレガントでモダンな雰囲気にしたいのか、それともダークでヴィンテージ風の雰囲気にしたいのかを選んでください。 これは、センターピースやアクセントに最適な色を選ぶための基礎となります。 シャープなアングルと大きな窓で、ログハウスをより大人っぽく演出します。

ボヘミアンスタイル

グルーラム材を使った家の建設は、とてもエキサイティングなものです。 湖の近くや、森の中にあることが多いようです。 自然を身近に感じることで、数日間だけでも冒険気分や遊牧民のような生活を味わうことができます。 この感覚をログハウスの主なインスピレーションにしたいのであれば、ボヘミアンが最も適しています。

インテリアには明るい色が使われていますが、壁に描かれているのはアンビエントなアースカラーです。 ブランケットやピロー、さらにはラグなど、あらゆるものにテキスタイルを加えることが大切です。 ノマディックな雰囲気を強調するために、メタリックやファーの装飾品を使うことをお勧めします。 トライバルなパターンやラフな木製家具は、ボヘミアの感覚を強めますが、ラフな印象は与えません。 ボヘミアンファッションは必須です。主な目的は、混乱しているように見えて、混乱しすぎていないことです。

モダンアーバンスタイル

このデザインは、コンテンポラリーな都会のロフトを、あなたの家のベーシックなカスタムログキャビンに変身させます。 そのデザインは、他のロフトと同様に、統一感のあるエレガントな家具を使用することで、スペースを節約しています。 色が薄くなりがちなので、ノーザンパインなどの明るい木で作られたキャビンなら、その状態のままにしておくのがベストです。 モダンで都会的なスタイルは、小さなキャビンにとって理想的なソリューションとなります。 空間を広く見せることができ、隅々まで機能的に変身させることができます。

蚤の市のデザイン

このスタイルは、プロのインテリアデザイナーの間では、シャビーシック・スタイルと呼ばれることもあります。 このデザインの狙いは、ランダムな蚤の市のような外観を、グルラムで作られたあなたのログハウスにすることです。 それは居心地がよく、素朴で、多くのアンティークアイテムが再利用できる理由でもあります。 例えば、鏡に汚れがついていても、このデザインのアクセントになります。 使い古された食器棚に入っている揃わない皿やカップも、このスタイルを引き立ててくれます。

壁はたいてい、ディストレストやホワイトウォッシュになっています。 また、木の状態のままでも、周囲の色に染めることもできます。 それよりも、温かみのあるヴィンテージ感を醸し出す無数の使い古されたディテールに重点を置くべきです。

海辺の小屋風

リラックスしたスタイルで柔らかい雰囲気のログハウスをお探しの方には、海辺の小屋、または海のスタイルがお勧めです。 また、グルラムハウスの建設場所が海の近くにある場合にも最適です。 そうすれば、ログハウスが建てられた地域を反映したスタイルになります。

このタイプの設定では、白が最も多く使われています。 また、青や緑の海をアクセントにすることで、爽やかな印象を与え、エネルギーを与えることができます。 家具は、仕上げられていない大量の木を利用したり、悩んで使い込んだり。 これにより、家の風情を保ちつつ、ヴィンテージな居心地の良さを演出することができます。 貝殻や船の写真、ロープなど、海にまつわる装飾品をぜひ取り入れてみてください。

どのようなスタイルにするにしても、空間を意識することが大切です。 小さなログハウスであれば、空間を最大限に活用し、余計なものを排除するようなデコレーションが必要です。 大きなログハウスであれば、もっと意図的に散らかしたり、ロマンチックで風を感じるような演出にも対応できるかもしれません。 どのような目標であっても、行動を起こす前には必ず計画を立ててください。 幸運を祈ります。