お客様の要望と建物のニーズを両立させたオーダーメイドのログハウス

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ハウツー

お客さまとのやりとりの中で、お客さまの夢とお客さまが求める建物の条件との間に亀裂が生じることがあります。 そのほか、立地条件や天候、プロジェクトの規模や予算など、さまざまな要素があります。 販売や交渉のプロセスは必ずしも簡単ではありません。

これが、私たちユーロディタが、自分たちの知識や経験をお客様と共有したい理由です。 27年の間に、様々な難易度のクライアントに対応してきました。 今回は、お客様と一緒に仕事をする上でのいくつかの側面についてお話したいと思います。 特に、彼らの要望と建設現場の現実とのギャップを埋めていくプロセスについてお話したいと思います。

ナレッジギャップ

お客様と接する際には、お客様の理解度が同じではないことを認識することが大切です。 これは、彼らがプレハブ小屋のキットを注文して自分で組み立てるのではなく、建設に関するあなたの専門知識を求めている重要な理由なのです。 このギャップを見極めて進めることが肝要です。

例えば、住宅用のログハウスなど、どんなタイプの家づくりにも精通していないクライアントの場合は、その知識のレベルを把握する必要があります。 キーポイントをわかりやすく説明すること。 そのための最良の方法は、さまざまな選択肢のコストとベネフィットを示すことです。 例として、一番大きなキャビンを購入したいが、相手の使いたい土地に対して大きすぎると言うことがあります。 サイズについての説明と一緒に、小さいキャビンのオプションのコストを比較してみてください。 ファイナンスは、人々が共感できる視点で問題を評価してもらうための素晴らしい選択肢です。

クライアントが建設分野での経験を持っている場合、いくつかの方法で取り組むことができます。 もし、クライアントがその場にいなくて、自分が出した指示に満足していなければ、遠慮せずに問い合わせをしてみてください。 思い切って、相手のお客様のタイプを同じにしてアプローチしてみましょう。 カスタムログキャビンについて実際に問い合わせをし、その結果を示すことで、彼らはあなたをより高く評価するでしょう。

しかし、お客様が建設のことをよく知っているにもかかわらず、さまざまな問題について自分の立場を変えられない場合は、多少の忍耐が必要です。 クライアントは、オーダーメイドのサマーハウスを作るために必要な要素をすべて持っていると思っているかもしれませんが、あなたの仕事は、スノッブな感じにならないように、何が起きているのかを説明することです。 最も極端な例としては、クライアントが問題を解決するよりも、より多くの紛争を引き起こしている場合、クライアントを完全に退会させることが適切な立場にあるかもしれません。

最も重要なトピックを紹介します。

販売のさまざまな段階で、お客様と話し合いたいと思ういくつかの基本的なテーマがあります。 そのためには、まずクライアントのプランを聞くことが重要です。 古いログハウスやBBQ小屋、古いログキャビンなどのアウトドア空間を販売する際には、ぜひ提案リストを参考にしてみてください。

徹底的に質問をしてフォローする。答えを知らない質問は必ずするようにしましょう。 カスタムメイドのサマーレジデンスが欲しいのだろうか? それとも、スタンダードなログハウスを求めているのでしょうか? 建設を予定している土地の広さはどのくらいですか? どのような木材を使っているのか? もっとわかりやすく言えば、ログハウスをどんな風に見せたいのか、どんな風に見せたいのか。

お客様の夢のグルラム材住宅について、よくある質問をまとめておきましょう。 最初のコンタクトで相手から受け取った回答を一つ一つクリアにしていき、まだ答えを得ていない質問を続けていきます。 そうすることで、お客様の要望を完全に把握できるだけでなく、万が一、矛盾点が見つかった場合にも対応することができます。

ログハウスをお客様に提供するということは、それだけで大変なことです。 整理整頓ができていて、頭のいい人たちと一緒に仕事をしていれば、失敗しても気にすることはありません。 準備を怠らず、自分がその分野を知っていると信じて、常に自分の過去の知識を活用する。 楽しんでください。