冬と秋のログハウスの断熱性とその方法について

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ハウツー

モダンなデザインをお求めの方は 住宅用のログハウス 冬もそこで過ごすことになるでしょう。 加えて、もしかしたら永住も視野に入れているかもしれません。 あなたが探しているのは、ただ単に快適な キャンプ場 というか ガーデンスペース 寒い時期にはオフィスとしても使えるようになっています。 これらはすべて、優れた計画性と適切な完成度を持つ断熱材によって可能になります。

ユーロディタでは、伝統的なログハウスだけでなく、ガーデンサマーハウスのカスタムメイドも得意としています。 グルーラム材を使ったログハウスには、最高品質の断熱材を提供できる生産設備があります。 断熱材入りのキャンピングポッドの卸も行っています。 27年以上の経験を持つ私たちは、私たちが学んだことを話し合い、お客様が気をつけるべき断熱材のさまざまな側面を見直すことができます。

断熱性能

1つ目は、断熱材が家のログを省エネ化すること。 木はもともと断熱性に優れていますが、その分、効率が悪いのです。 特に寒冷地では、より多くの水分を考慮しなければなりません。

断熱性能は2つの数値で表されます。 R値とは、ログハウス素材の熱の流れに対する抵抗力を測定したものです。 ログハウスには、最もR値が高くなるような厚みがあります。 R値が高いほど、使われている素材の熱に対する抵抗力が強くなります。 ログハウスの素材は、フルログやグララムプランクなど、R値が高いほど断熱性が高いことになります。

また、素材の熱損失をワットで表したU-Valueという指標もあります。 値が小さいほど、熱損失が少なくて済むので良い。 また、ログハウスの素材の断熱性能を判断する上で、U値に関連する部分もあります。

この2つの要素は、ログハウスのサプライヤーを選ぶ際に、最適な木材素材を判断するのに役立ちます。 断熱材や高品質な素材を使用していない場合、キャビン内の熱の70%が失われている可能性があります。 そのため、ログハウスのメーカーには、空洞断熱でログハウスを作ることを提案しています。

断熱材の種類

もちろん、壁は最も重要な断熱材です。 広大な表面は、最も熱を失う場所です。 しかし、それ以外にも考慮すべき重要な点があります。 断熱工事では、キャビンの角や継ぎ目も見逃せません。 隙間風の影響を受けやすく、熱損失の大きな原因となります。 隙間風が入りやすく、専門家が常に意識している特殊な断熱方法を採用しています。

屋根の断熱は特に重要です。 また、熱を逃がさないだけでなく、有害な水や湿気からも守ってくれます。 屋上のタイルではログハウスは守れないし、木なら自然に守れる。 そのため、熱が上に向かって放射されるのを防ぐために、屋根に断熱材を入れることが重要です。

また、断熱材の中でも特に軽視されがちなのが、床材です。 住宅用に設計されたログハウスをセメントや石の基礎の上に置くと、ログハウスは外敵から守られていると思われがちです。 それは現実ではありません。 どんな種類の基礎であっても、家を完全に断熱することはできません。 だからこそ、最後の木材を貼る前に、もう一段の工事をしなければならないのである。

窓ガラス

オーダーメイドのログハウスを安全に保つための最後のステップは、窓のダブルグレージングです。 必要以上に熱を逃がさないように、窓は二重窓にしたいとログハウス業者に伝えてください。 そうすることで、家の中の効率が上がり、あらゆる暖房対策がより効果的になります。 二重ガラスの窓は追加費用がかかるかもしれませんが、努力する価値は十分にあります。

最後によくある質問は、「夏しか使わないログハウスに断熱材を入れる意味があるのか」というものです。 私たちはいつも「はい」と答えます。 ログハウスの断熱は、エネルギー効率を高めるだけでなく、ログハウスの価値を高めることにもつながります。 また、内部の木壁を腐った水分から守ることもできます。 暖かさを室内に保つことでログハウスを乾燥させることができれば、カビや菌が発生する可能性が低くなります。 カビは湿度の高い暖かい環境で繁殖するので、室内に湿気が多く、時々しか暖めないと、カビが乾燥して死ぬチャンスがない。 ログハウスは季節を問わず乾燥した状態を保つことをお勧めしますが、これは適切な断熱を行うことで実現できます。

どのようなレベルの断熱材を選択するにしても、ログハウス業者が断熱材の専門的な準備を完了できるようにしてください。 断熱材を使用したログハウスを販売しようとしているのであれば、ユーロディタは 理想のパートナー. 幸運を祈ります。