ログハウスの理想的な立地を選ぶには?

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ハウツー

ログハウスを建てる際には、他の要素と同様に、適切な場所を選ぶことが困難です。 考えなければならないことが多すぎて、圧倒されてしまうかもしれません。 しかし、すべての問題がそうであるように、小さなステップに分けて考えると圧倒されてしまいます。

今回は、ログハウス住宅の立地を選ぶために必要なステップをご紹介します。 ここでは、お客様が検討すべき要素、十分な情報を得た上での決断に必要な情報、様々な場所での実用性や課題などについて説明します。 住む場所を選ぶのは、自分のニーズや興味に左右される個人的な決断です。

ステップ1:興味のある分野を選ぶ

まず、どこに行きたいのかを決める。次に、ログハウスの目的を考えます。 あなたはスキーをしますか? スキー場に近い場所を希望し、山の中腹に小屋を建てる方法を検討している人もいるだろう。 あなたはハンターですか、それとも森の中を歩くのが好きですか? そんなあなたには、森の中のキャビンがお勧めです。 釣り? 川でも湖畔でも釣りができます。

また、自然界の美しさ、美的な側面もあります。 ログハウスを購入しようとしている人は、外に出ることが好きなはずです。 周りの自然の美しさを楽しむことができるように、ログハウスを計画する必要があります。

最後に、簡単にアクセスできることです。 山のシャレーでも、川辺のキャビンでも、森の中のモダンなキャビンでも構いません。そこに通じる道があるかどうかを確認してください。また、手入れが行き届いているかどうかも重要です。 雨が降れば土砂崩れが起き、雪が降れば小屋にたどり着けないなど、天候によってもアクセスに影響が出ます。 天候を考慮し、変化するパターンに対応するための解決策を見つける。

ステップ2:法的側面

ほとんどすべての国や州には、土地の購入や建設に関する法律があります。 土地購入の規制については、お近くの不動産業者にご相談ください。 ログハウスが制限された地域や、野生動物保護区内にないことを確認する必要があります。 その土地が法的に建設可能であることを確認した後、必要な書類について問い合わせます。

キャビンコミュニティにログハウスを建てる場合は、土地のリース契約やオーナーシップ契約をよく読むようにしてください。また、弁護士に相談しましょう。

ステップ3:アメニティ

敷地を選ぶ際には、ユーティリティーの利用しやすさも考慮してください。 長期滞在の場合は、水、電気、ガスを利用できる環境が必要となります。これらの設備は、標準的なキャビンやキットには含まれていません。 アメニティに最適な接続を得るために、契約者にお知らせください。

これらの設備は、あなたが選んだ場所にあるはずです。 給湯器やリザーバーを設置したり、場所を選ばなければウッドウッド用のログシェッドを設置するのもいいかもしれません。 また、携帯用の電気ストーブも選択肢のひとつです。 また、遠隔地にあるキャビンの場合は、発電機の購入も検討してみてはいかがでしょうか。

自分で建てる予定のログハウスを購入する場合は、必要な設備がすべて接続できるかどうかを確認してください。 自分でログハウスを建てる場合、ログハウスのモデルの設計図に水道、電気、ガスのポートを入れることができます。

ステップ4:サイトとオリエンテーション

場所を選ぶ際には、さらにいくつかのポイントがあります。 まず最初に考えなければならないのは土壌です。 ログハウス周辺で作物を栽培する際には、その土壌が適しているかどうかを確認する必要があります。

次に、地下水の流れ。 川や湖などの大きな水源の近くに建設する場合は、キャビンの下に水流がないことを確認する必要があります。 しばらくすると、土が不安定になって崩れてしまうことがあります。 これらの質問は、地元の土地の専門家やレンジャーに聞くことができます。

太陽の旅は最後の一歩です。 山小屋での生活では、できるだけ多くの日差しを浴びることが必要です。 大きな窓から太陽の光を浴びたいと思うでしょう。 日没と日の出の両方を撮影できるように、キャビンの向きを事前に決めておきましょう。

これで、夢のログハウスに一歩近づきました。 専門家に相談したり、建設資金の予算を立てたり、最適なタイプのキャビンを選んだりと、計画を実行に移す時期です。 あなたの基準に基づいて を見て、最適な場所を選んでください。 始めるだけでいいのです。 どういたしまして。