ログハウスの床材を交換するのに最適な時期とは?

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ キャビンの製作

ログキャビンは、新鮮な空気を吸ってリラックスするのに最適です。 ログキャビンは、家と同じように注意が必要です。

それは、「なぜ床材が重要なのか」という疑問かもしれません。 単純に、ログハウスの中で毎日最も影響を受ける部分です。 毎日の影響の大きさは、あなたのキャビンの大きさによって異なります。 キッチンや廊下で過ごす時間が多いかどうかで、昼と夜でどの部屋が最も活動的になるかが決まります。 それが一坪空間のガーデンルームであっても構いません。すべてが同じだけのインパクトを受け、変化が必要になるのです。

また、床材の種類を考慮することも重要で、それによって交換時期や交換内容が決まります。 今回は、人気の高いフローリングの種類と、交換のタイミングをご紹介します。

フローリングカーペット

を選択した場合 大型木造ログハウス 避暑地として、あるいは恒久的な生活の場として、1つまたは複数の部屋の床をカーペットにしたいと思うかもしれません。 それは魅力的な選択であり、しばしば美しいものでもありますが、注意すべき重要な指標がいくつかあります。

部屋に残る嫌なニオイは、カーペットが原因かもしれません。 カーペットは液体やホコリを吸収するのが得意なので、時間が経つとそれらが蓄積されます。 ログハウスでは定期的にウェットクリーニングを行うのが良いとされていますが、いつかはカーペットを交換しなければならない時が来ます。 汚れがひどかったり、ディープクリーニングをしてもなかなか臭いが取れない場合は、カーペットの交換時期となります。

タイル張りの床

ログハウスの家では、キッチン以外の部屋にもタイルを敷き詰めることが多い。 燃えカスが床で爆発するのを防ぐために、マントルピースの周りに置くのが賢い選択です。 誰もが靴を脱ぎ、外からの汚れや泥を持ち込む廊下でも効果を発揮します。 夏のタイルでは、小さなガーデンルームやキャンピングポッドで暑さを和らげることができます。

掃除がしやすく、耐久性にも優れていますが、そろそろタイルを交換したいと考えています。 ひび割れがそれほど大きくなければ、タイルを貼り直すこともできます。 繰り返しの使用や事故で割れてしまったタイルは、すべて交換する時期です。 タイルの破片は重大な危険をもたらしますので、注意が必要です。

フローリング

木製フローリングの磨耗や寿命は、以下の点に大きく左右されます。 選べる木材 とケアをしています。 ナラやヒノキなどの特定の木材は長持ちしますし、適切にニスを塗れば厳しい使用にも耐えられます。 ログハウスと同じように、フローリングも時々は塗り直す必要があります。

木製の床は、たまに滑らかにして、新しいニスを塗ることで維持できます。これで摩耗が少なくなります。 破片が目立ってきたり、よく使う家具が置かれている場所が滑らかでなくなってきたら、交換の時期です。

ログハウスの床材をリフォームすると、集成材でも純木の板材でも、見違えるようになります。

アレルゲンを意識する

フローリングが汚れていると、虫やペット、花粉などのアレルギーを引き起こす可能性があります。 最も悪いのはカーペットで、そこに落ちたものはすべて取り込まれてしまいます。 しかし、ペットの毛やホコリがフローリングの下に入り込んでしまうこともあり、特に木製の場合は注意が必要です。 板の間のマイクロクラックにより、時間の経過とともにホコリが溜まります。 特に重度のアレルギーをお持ちのご家族の場合は、定期的に床を開けて掃除をすることをお勧めします。

ログハウスの中で一番大きな面積を占めるのが床材です。 他のログハウスと同じように、定期的にメンテナンスをすることに意味があります。 モダンなソリューションにより、どんなフロアも簡単に変更できます。ログハウスの外も中も大切にしてください。 がんばってください。