屋内庭園を作るには?

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ リスト

屋内でのガーデニングは、種から始めることができます。ただし、これには時間がかかりますし、毎日はやりたくないかもしれません。近所の食料品店で見かける野菜や植物の大半は雑種です。ハイブリッドは、2つの異なる遺伝子ファミリーから交配され、同じ植物を作り出します。望ましい特性と望ましくない特性の両方を持っています。屋内庭園を健康で幸せに保つために、苗から植えましょう。

始めるには日当たりの良い窓が必要です。1日に約4〜6時間の日光が当たることが必要です。植物を照らすには、栽培用ライトか窓の2つの選択肢があります。野菜や果物は、8~10時間の直射日光が必要です。屋内では、それよりも少なくて済みます。また、土が湿りすぎないようにすることも重要です。これらの作業が完了したら、野菜を収穫する準備が整います。

室内で栽培する際のもう一つの重要なポイントは、土です。植物には質の良いソイルレスミックスを使うべきです。これにより、植物が成長するのに十分なスペースを確保することができます。野菜や果物の場合、最低でも5インチのスペースを確保する必要があります。小さなつる植物や潅木は、より多くのスペースを必要とします。根菜類を栽培する場合は、約12インチの土が必要です。

毎日6〜8時間以上の直射日光が当たる窓辺を選びましょう。室内ガーデンは、キッチンの近くに設置して、こまめに観察できるようにしましょう。また、自分が食べることのできる植物を選ぶとよいでしょう。食べられる大きさに成長する植物を選ぶことで、インドアガーデンを小さくすることができます。美味しいおやつになる可能性が高くなりますし、栽培の手間も省けます。

まず、インドアガーデンに適した容器を選びます。土は、植物が根を生やすのに十分な豊かさが必要です。室内園芸用の土は、根が生えるのに十分な大きさが必要です。青物を育てる場合は、少なくとも5〜7インチの高さの容器で育てるようにします。同様に、根菜類を育てている場合は、十分なスペースを確保しましょう。

室内でのガーデニングを健全に保つためには、さまざまな要因があります。日照不足は、室内で野菜や果物を育てる際の最大の障害となります。栽培用ライトや窓用ライトを使って、これらの条件をシミュレートする方法はたくさんあります。育成ライトは、屋外の条件を模倣するだけでなく、使用することもできます。光だけでなく、室内庭園の植物には水分を与える必要があります。太陽の光を再現するために、窓がない場合は、ライトを使うことができます。

インドアガーデンの植物を選ぶときは、まずハーブから始めましょう。ハーブは育てやすく、子どもたちの食育にもなります。また、一から育てることもできます。ハーブはコンパクトで美味しく、栄養価も高いのです。種は、食料品店やホームセンターで手に入れることができます。外に出なくても、庭の果物や野菜を楽しむことができます。

野菜や果物は室内栽培が可能です。室内で野菜や果物を育てても、野菜や果物を楽しむことができます。必要なのは日光だけです。マイクログリーンを室内で栽培することもできます。サラダやメインディッシュの付け合わせに最適です。また、クールミスト式加湿器を使えば、室内ガーデンに彩りを添えることができます。

屋内庭園に自然光を取り入れることができないので、窓からの人工光を利用することになります。室内に照明を設置すれば、屋外の環境を再現することができます。また、室内園芸用のライトを購入することもできます。屋内庭園で植物を育てるには、窓を利用するとよいでしょう。窓からは自然光が差し込むので、どこにでも花や野菜を置くことができます。また、トマトやピーマンなどの食用植物も栽培することができます。