秋冬-断熱ログハウスとその上手なやり方

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ アドバイス

コンテンポラリーなものを探しているなら 住宅用ログハウスまた、寒い季節には、そこで過ごすことになるかもしれません。それ以上に、もしかしたら永住も視野に入れているかもしれません。あるいは、ただ居心地の良い空間を求めているだけかもしれません。 キャンピングポッドまたは ガーデンルーム 寒い季節でもオフィスとして使えるように。これらはすべて、よく計画され、よく実行された断熱によって実現可能です。

ユーロディタでは、オーダーメイドのガーデンサマーハウスやスタンダードなログキャビンを専門に扱っています。私たちの生産では、すべてのグルラムログキャビンを断熱するための高品質な準備を提供することができます。また、断熱材を使用したキャンピングポッドの卸売も行っています。27年間の経験から、私たちが学んだことを共有し、絶対に知っておくべきいくつかの断熱の側面について説明します。

断熱性能 

まず、断熱材はログハウスの省エネ効果を高めます。木はもともと断熱性に優れていますが、それだけでは効率が良くありません。特に寒い季節になると、湿気が多くなることも考えられます。

断熱性能は2つの値で計算されます。R値とは、ログハウスの素材を通した熱の流れにくさを測定したものです。ログハウスの素材には、R値が高くなる理想的な厚みがあります。R値が高いほど、使用している材料の熱抵抗が大きくなります。グルーラムプランクやフルログなどのログハウス素材のR値が高いほど、断熱性が高いことを意味します。

そして、素材の熱損失をワット数で表したU値があります。U値が低ければ低いほど、熱損失が少ないことを意味します。ログハウスの素材の断熱性能は、U値以外にも様々な要素が関係しています。

この2つの値は、ログハウスのサプライヤーを選ぶ際に、最適な木材素材を判断する材料となります。良質な素材に加えて断熱材がしっかりしていないと、山小屋の熱を最大で70%も失ってしまうかもしれません。そのため、ログハウスメーカーに依頼して、空洞断熱のログハウスを準備することをお勧めします。

断熱材の種類

もちろん、壁は第一の断熱対象です。その巨大な表面は、最も熱を逃がす場所です。しかし、それ以外にも重要な部分がいくつかあります。断熱工事の際、キャビンの角や継ぎ目には目をつぶってはいけません。隙間風の影響を受けやすく、熱損失の大きな要因となります。これらの箇所は、プロが必ず考慮して断熱作業を行うようにしています。

屋根の断熱は特に重要です。熱損失を防ぐだけでなく、雨水や湿気を防ぐこともできます。ログハウスの屋根にタイルを張っても、木材のような断熱効果はありません。だからこそ、屋根の断熱はとても重要なのです。

意外と忘れがちなのが、床です。石やセメントの土台の上にログハウスを建てる場合、多くの人はログハウスが風雨から守られていると思いがちです。しかし、これは事実とは異なります。どのような基礎であっても、ログハウスの断熱性は十分ではありません。そのため、木材を敷き詰める前に余分な材料を敷き詰めることが必要なのです。

窓ガラス 

オーダーメイドのログハウスの安全性を高めるための最後のポイントは、窓の二重ガラス化です。必要以上に熱を逃がさないために、窓を2重にしたいとログハウス業者に伝えてください。そうすることでログハウスのエネルギー効率が格段に上がり、あらゆる暖房対策がより効率的になります。二重窓は追加投資になるかもしれませんが、それだけの価値があると思います。

最後によくある質問は、夏にしか使わないログハウスに断熱材を入れる価値があるのかということです。私たちはいつも「イエス」と答えます。ログハウスを断熱することは、エネルギー効率を高めるだけではありません。また、内部の木の壁を破壊的な湿気から守ります。ログハウス内の熱を確保して乾燥を防げば、カビや菌に感染する可能性も低くなります。カビや菌は暖かく湿った環境を好むので、もしログハウス内に多くの湿気があり、たまにしか暖房しないのであれば、カビは乾燥して死滅するチャンスがないのです。私たちは、ログハウスを四季を通じて均一に乾燥させることを常に推奨していますが、これは適切な断熱によって簡単に実現できます。

どのレベルの断熱材を選ぶにしても、必ずログハウス業者が専門的な断熱材の準備をしているかどうかを確認してください。断熱材を使用したログハウスの販売をお考えの方は、ユーロディタはもしかしたら あなたにとって最高のパートナー.がんばってください。