BBQ小屋を復元するには?

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ハウツー

バーベキューハット、またはグリルコタ フィンランドでは「グリル」と呼ばれていますが、これは驚くべき発明です。焚き火を囲んでグリルするというアイデアは、今でも社会的な伝統として受け継がれていますが、フィンランド以外の国では新たな命を吹き込まれたと言えるのではないでしょうか。これは素晴らしい体験ですから、ぜひ皆さんにも試していただき、自分のカタログに加えていただきたいと思います。このカテゴリーでは、ユーロディタはたくさんの種類とサイズのBBQハットを提供しており、個別の注文も可能です。小型のBBQハウスは組み立てられた状態でパートナーに届けられます。当社のような接着剤でラミネートされたBBQ小屋は、非常に長持ちします。すでに丈夫なノーザンパインをラミネート加工することで、実質的に壊れにくく、湿気や熱にも強くなります。

しかし、長年使用していると、どんなに丈夫なBBQ小屋でも修復が必要になります。そのためには、さまざまな知識や能力が必要になりますが、今回はそれをご紹介します。

検査段階-構造的損傷

BBQハットの修理には、構造的な修理と建築的な修理の2種類があります。これらを適切に実施するためには、異なる種類の能力と知識が必要です。

構造的な修理については、BBQ小屋全体の物理的なサポートについて話しています。特に、屋根と壁の点検は重要です。木材は虫や湿気を引き寄せる素材であり、BBQ小屋の構造を維持するための2つの大きな敵です。接着剤を使ったラミネート加工では、この2つの要素を十分に防ぐことができますが、長年使用していると、どんなに丈夫な木材でもこの2つの要素に負けてしまう可能性があります。木の板に変色がないかどうか。普段目にしないような隅の方や、暗い場所をチェックしてみてください。ここには湿気や虫が集まりやすいのです。このような場所では、湿気によってカビが発生し、それが急速に広がり、深刻な健康被害を引き起こす可能性があります。

外装と同じくらい重要なのが内装の構造です。外側は雨などで浸食される可能性が高いですが、内側も同様です。BBQハットの性質上、中で焼くということは、熱や蒸気を使うことになります。BBQハットは空気がよく抜けるように作られていますが、何度も使っているうちに蒸気が内部の隅々にまで溜まってしまいます。そこを点検することが大切です。忘れてはいけないのが、床と土台です。床や土台も忘れてはいけません。BBQ小屋の他の部分よりも湿気が多いので、定期的に点検する必要があります。

このような構造上のダメージは、すべて専門家が対応する必要があります。お客様が、変色、ひび割れ、湿気による損傷、帯状疱疹の破損、その他の構造上の問題を発見した場合は、ログ構造の専門家をすぐに呼んで、ダメージに対応してもらう必要があります。

建築物の損傷 

構造的な損傷がある場合、BBQ小屋の一部が崩壊する可能性があるため、使い続けることは危険です。しかし、それと同じくらい重要なのが、建築的、つまり美観的なダメージです。グルーラム板にカビや湿気、虫が侵入しないように、BBQ小屋は数年に一度、ペンキや保護用のニスを塗り直す必要があります。そうすることで、BBQ小屋がなめらかで健康的な状態を保つことができます。もしお客様がBBQ小屋の全体的な外観を変えたいと思っているのであれば、デザイナーや建築家と可能性について話し合うのも賢い方法です。

オーダーメイドのダメージ

場合によっては、BBQハットのような伝統的な構造であっても、オーダーメイドで建設することができます。つまり、標準的ではない構造オプションがあり、異なる方法で参加する必要があるということです。これは、床板のサイズや屋根のピッチなど、あらゆるものが対象となります。このような場合には、私たちや他のプロデューサーと、修理の必要性について常に話し合うことが重要です。些細な変更であっても、念には念を入れておくことが大切です。

私たちはパートナーを念頭に置き、構造上の違いや長期的な使用方法について常に相談しています。オーダーメイドの段階では、最終的な製品の3Dレンダリングを作成し、BBQ小屋やその他の構造物をはっきりと見て、潜在的な危険性や不規則性を評価しています。良いパートナーのサポートにより、多くの修復やメンテナンスの問題を未然に解決することができます。ご覧ください。 パートナープログラム をクリックすると、詳細が表示されます。