既製のキットからログハウスキットを作る方法

投稿日:1970年01月01日

メイド・トゥ・メジャーのログハウスキット

既製のキットからログハウスキットを作る方法

ログハウスキットは、製造住宅やDIY住宅とも呼ばれ、お金を節約したい人には最適な選択肢です。ログハウスキットでは、好きな部屋、好きな間取り、そして必要な建築資材を、小売価格よりもずっと安い価格で手に入れることができます。マニュファクチャーハウスは、キットのように簡単には作れませんが、少しの計画とノウハウがあれば、すぐに自分の家を手に入れることができます。この記事では、ログハウスキットを選ぶ際のポイントをご紹介します。

まず、すべてのログハウスキットが同じサイズではないことを理解しておく必要があります。ほとんどのキットは、標準的な、あるいは小さなスペースの裏庭に収まるように設計されています。また、広い土地に合わせて設計されているものもあります。庭の大きさや形、そして家の大きさによって、どのキットが最適なのかが変わってきます。買いに行く前に、自分の庭の規模を把握して、必要なサイズを知ることが大切です。

オーダーメイドのログハウスを選んだ場合は、お客様のもとへお届けします。これは、建築資材店から遠く離れた場所に住んでいる人には嬉しいメリットですし、近くに住んでいても、自分で一から作るとなると、手に入れるまでにかなりの時間がかかります。メーカーは、あなたが住んでいる場所に応じて、わずか数日であなたにキットを注文するためにこれらの構築を出荷することができます。早く届けてほしい場合は、翌日配送が可能かどうか会社に問い合わせてみてください。これは、すでに作られたものを購入して、それが届けられるのを待たなければならないのに比べて、大きな利点です。

また、多くのメーカーでは丸太のサイズが異なることにも注意が必要です。小さいサイズの木が必要なキットもあれば、大きいサイズの木が必要なキットもあります。メーカーは、注文する前に丸太のサイズについて説明してくれます。自分のログハウスに適したサイズの丸太を選ぶためには、外側と内側の両方のサイズを測り、大きいサイズか小さいサイズかを選択する必要があります。また、ドアや窓の枠をまっすぐにカットするために、注文するログの高さが同じであることを確認してから測りましょう。

パーツを注文したら、建築のための準備をしなければなりません。ほとんどのメーカーでは、キットにフレーミング材が付属していますが、追加で購入しなければならない場合もあります。ドアや窓のサイズを測ることは重要です。サイズに合わせて巻き尺を用意し、設置する窓やドアの幅と高さを準備しておきましょう。床と壁のサイズを測り、基礎壁の後ろに床を支えるための余分な板が必要かどうかを判断します。また、床を支えるためのシムやスペーサーが必要かどうかも確認しておきましょう。

ログハウスキットの外面を整えていくと、トリムが必要になります。優れたビルダーは、外枠に取り付ける前の壁を整えることから始めます。外側にトリムをつけることで、周囲との調和も図れます。塗料の選択は、あなた次第です。壁には明るい色を使い、外壁にはよりドラマチックなディテールを使いたいという人もいます。どの色や色の組み合わせを選ぶにしても、耐候性や耐久性に優れていることが重要です。

壁を設置する際には、釘やネジ、プレートなどの補助具が必要になります。これらのアイテムは、地元のホームセンターで購入できます。屋根には、ガンバレルや梁、釘などが必要です。ログハウスの室内側には、合板やカーペット、ヒンジやハンドルなどが必要です。

これらの材料があれば、あっという間にログハウスキットを作ることができます。そして、それの美しさは、あなたがそれを自分で構築したということです。誰かに頼んで作ってもらう必要はありません。一人でできるプロジェクトなのです。さて、アウトドアルームの作り方がわかったところで、次はいよいよプロジェクトの開始です。