ガーデンルームと小屋 X4m近いログキャビン ティンバーフレーム サマーハウス

投稿日:1970年01月01日

70mmのログハウス用木材の床があると、ガーデンルームが大きく変わります。多目的に使えるので、屋内でも屋外でも安心して使うことができます。サマーハウスを計画する前に、その場所と部屋のスタイルを考慮する必要があります。以下に、サマーハウスのティンバーフロアを選ぶ際に参考になるアイデアをご紹介します。

70mmログハウス材

第一のアイデアは、サマーハウスをできるだけ家の近くに置くことです。幹線道路沿いに住んでいる場合は、そうはいかないかもしれません。しかし、交通量の少ない場所を選べばいいのです。また、夏がとても寒い国に住んでいる場合は、家族が快適に過ごせるように、暖房を工夫する必要があるでしょう。

もし、サマーハウスを家からあまり遠くに移動させたくないのであれば、ダブルドアのログハウスを用意するといいでしょう。そうすれば、ガーデンルームへの出入りが容易になるというメリットがあります。ガーデンオフィスには、自宅から車で直接アクセスすることができます。もちろん、ダブルドアのサマーハウスを用意して、ガーデンルームに直接出入りすることもできます。

次に、サマーハウスをどこに置きたいかを計画します。小さなガーデンオフィスをお持ちの方は、大きなガーデンシェッドや自宅に併設されたガレージなどがお勧めです。広いガーデンルームをお持ちの方は、コーナーやペニンシュラ(半島)を選ぶと、サマーハウスにぴったりの場所になるでしょう。もしあなたが田舎に住んでいるなら、家の近くにサマーハウスを置くことを考えてみてください。そうすれば、新鮮な空気の中で散歩をしながら楽しむことができます。

広い庭の部屋が必要な方には、コーナーサマーハウスの建設を検討してみてはいかがでしょうか。このようなタイプのシェッドサマーハウスは、広い庭の隅に収めることができます。中には開放的なものもあり、庭の隅に建てられるものもあります。このようなタイプの小屋型サマーハウスは、大きな窓やドアを備えた非常に凝ったものが多いです。

よりシンプルなスタイルのサマーハウスをご希望の方には、小さなログハウスをご検討ください。小さな小屋は、一人でも夫婦でも使えます。大きな小屋の代わりにもなりますし、大きな小屋もあります。この種の小屋は通常、小さく、断熱材はほとんど、あるいは全くなく、組み立ても簡単です。小さなモデルの中には窓が1つしかないものもあり、それはしばしば大きなモデルよりも小さく実用的なものです。子供たちの野外活動のために使う1つの小屋を作ることを検討しているなら、子供たちが裏庭で簡単に運び出せるような小さなモデルを検討してみてはいかがでしょうか。

小さくてシンプルなデザインに加えて、ガーデンオフィスやサマーハウスのメーカーの多くは、個人や家族に合った様々なスタイルを豊富に取り揃えています。最も人気のあるスタイルはX 4m、フレンチドア、ケースメントのサマースハウスです。X 4mのユニットは、市場で提供されている様々な小屋の中で最も大きく、最も高価なものです。また、フレンチドアにはシングルとダブルの2種類があります。これらのタイプの小屋は、キャビンハウスや、より凝ったデザインを求めているが、より大きなサマーハウスのような暖かさや機能性を付加する必要がない人に最適です。

ケースメント式のサマーハウスやX 4mに近い小型のシェッドもUPFサンルームになります。UPFサンルームは、どんな屋根にも優れたフレームを提供できるので、ガーデンルームを直射日光から守るのに最適な方法です。さらに、色あせしにくく、紫外線に強いポリエチレンをフレームに使用するのも良い方法です。このように、ガーデンルームを直射日光から守るためには、いずれの方法も理想的です。X 4m付近のガーデンルームや物置を選ぶ際には、高品質で耐久性のあるログを入手するために、最高のメーカーを選ぶことが重要です。そのためには、長年営業していて、評判が良く、価格が安く、何かあったときには相談に乗ってくれるメーカーが良いでしょう。