屋根裏の断熱材を使った小屋の断熱方法

投稿日:1970年01月01日

断熱材入りのキャビンは、北米でとても人気があります。お金に余裕があって、できるだけ暖かく過ごせる別荘を求める家族に人気があります。これらのキャビンは、カスタムビルドまたはキットで購入することができ、それはあなたのために1つを構築するために提供するあなたの地域のビルダーを見つけることは非常に簡単です。断熱材は、木、ビニール、断熱ボード、ファイバーグラスなど、さまざまな種類のものから選ぶことができます。

断熱キャビン

小さな薪ストーブは、電気代をかけずに暖かさを与えてくれます。断熱された小屋に設置された薪ストーブは、多くのエネルギーを必要とする薪ストーブよりも少ない費用で簡単に家を暖めることができます。また、薪ストーブを使って料理をすれば、キッチンに大きなグリルを持ち込む必要がありません。冬場の寝室など、狭い範囲を暖めたいときには1台あれば十分です。

多くのメーカーが、さまざまなスタイルの断熱キャビンを提供しています。そのほとんどは、ポリウレタンフォームの断熱ボードとポリスチレンフォームの断熱材をミックスしています。フォームボード断熱材はポリウレタンフォーム断熱材よりも安価です。その他の断熱キャビンのオプションには以下のものがあります。

ポリスチレン断熱材は安価で、通常は外壁や内壁に使用されています。最も安価なタイプの断熱材と言えるでしょう。暖かいキャビンの壁や室内は完全に密閉されているので、壁の間やキャビンの中に断熱材を入れる必要はありません。

断熱はすべてのプロセスにおいて重要な要素です。部屋を断熱するには3つの方法があります。最も安価な断熱方法は、スプレー式断熱材を購入することです。この製品のコストは、家の大きさと、断熱が必要な壁の数によって決まります。スプレー式断熱材には、ロール状のものとバット状のものがありますが、長持ちしないので、壁に直接スプレーしてはいけません。

また、インシュレーションボードを使うという方法もあります。別売りのインシュレーション・ボードをスプレー・ボードと一緒に使うことができます。この方法を使えば、製品を買い足したり、外張り断熱にしたりする費用をかけずに、家全体を断熱することができます。また、インシュレーションボードを使用することで、窓が熱くなり、窓から熱が失われるのを防ぐことができます。

断熱コテージは、断熱性の高い住宅の購入を検討している家族にとって非常に便利です。まず、コテージの壁に使われている素材の種類を調べることから始めます。例えば、伝統的なコテージには木材が使われていますが、最新の薪ストーブも使われています。薪ストーブの利点は、お湯を沸かしたり、料理をしたりできることです。多くの薪ストーブには給湯器が内蔵されています。これらのストーブは一定の熱源を提供し、断熱性に優れています。

壁ができて小屋ができあがったら、断熱材を入れる必要があります。選択肢のひとつとして、硬質発泡断熱材を使用することができます。硬質発泡断熱材は、壁の空洞部分に貼り付けて、コテージの内壁と外壁の間にバリアを作ります。薪ストーブを使用していても小屋は涼しく、料理もしっかりとした断熱効果が得られます。

また、薪ストーブと壁掛け式ヒーターを併用するという方法もあります。コテージの壁の内部を断熱するには、天井と壁に沿って硬質発泡断熱材を敷くのが簡単です。薪ストーブを設置する場合は、先に薪ストーブを設置する必要があり、そのために壁の工事が必要になることがあります。発泡スチロールが天井やウォールヒーターに取り付けられていると、断熱材を取り付けることができないからです。

バテン断熱は、屋根の上に直接設置し、硬質フォームと組み合わせて使用します。このバテンを時間をかけて丁寧に設置することで、構造のエネルギー効率が大きく変わります。

薪ストーブを使ってキャビンを暖めることは、快適な生活を送りながらコストを削減できる素晴らしい方法です。薪ストーブは、通常の暖房器具よりも優れた選択肢となることでしょう。また、涼しい季節に家の中を暖めるのにも便利な方法です。ただし、薪ストーブを設置することが禁止されていないかどうか、自治体に確認してください。薪ストーブは効果的に家を暖めることができますが、適切に設置する必要があります。