狭いログハウスの空間に合わせた家具の選び方とは?

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ハウツー

を計画する際には ログキャビンこのような状況では、スペースを節約しながら快適に過ごすにはどうしたらよいか、という非常に重要な疑問が生じます。この問題は、ログハウスが小さい場合や、家族が多くて人間工学的に多くのスペースが必要な場合に発生します。いずれの場合でも、スペースを節約し、かつ財布に負担をかけないためには、いくつかのポイントがあります。この記事では、27年間のログハウス建設の経験をもとに、スペースを節約するために選ばれる最も一般的なソリューションをご紹介します。私たちユーロディタは、スペースを確保するために多くのオプションが検討され、選択され、断念されるのを見てきました。

ミニマルなデザイン

まず第一に、コンテンポラリー・ログホームのプラン全体をミニマルなデザインにすることです。そのためには、様々な用途に使えるコンパクトなコンバーチブル・ソファが必要です。ランチタイムに座るだけでなく、寝ることも、ゲストを泊めることもできます。ログハウスも例外ではありませんが、ソファは家の中心的な存在です。その中心となるソファを様々な用途に転用できることは、人間工学に基づいたリビングエリアの活用につながります。

ログキャビンの人間工学的な選択の中心となるミニマリストデザインのもう一つの側面は、折りたたみ式のディナーテーブルです。バタフライタイプのものや、テーブル自体が折りたためるタイプのものがあります。どちらを選んでも、装飾的な表面を持つことで、ダイニングエリアに変身させることができます。

ミニマリストデザインの最後の側面は、階段下の引き出しです。ログハウスが2階建ての場合は、階段下のスペースを利用して収納するのがおすすめです。引き出し、キャビネット、ワードローブなど、どのような収納方法であっても、そのスペースを有効に使うことができます。

エルゴノミックベッドルーム

家族の人数が増えてきたら、ログキャビンのベッドルームのためのソリューションは、すでに必要なものです。人間工学に基づいたソリューションとしては、まず二段ベッドがよく使われます。この2階建てのソリューションは、スペースを節約できるだけでなく、幼い子供たちに素晴らしい遊びの機会を提供します。現代的なログキャビンのデザインは、すでに冒険のための多くのオプションを提供しており、子供のベッドルームも例外ではありません。

また、二段ベッドが使えない場合は、素晴らしい選択肢があります。壁掛け式のベッドは、必要なときに下ろすことができ、昼間はスペースを節約できます。

また、壁掛け式の伸縮可能なデスクを使うのもスペースを節約する良い方法です。遊びの時間が終わり、勉強の時間になったら、勉強の体制に合わせてスペースを変える必要があります。折りたたみ式の椅子や伸長式の机は、床を遊び場にするときにはスペースを有効に活用できます。しかし、本格的なビジネスの時間になると、拡張デスクはすぐに学習エリアに変わります。

カラーパレット 

小さなキャビンプランの場合、カラーパレットはそれに合わせて選択する必要があります。暖色系、砂系、白系などの明るい色を選ぶとよいでしょう。このような色調は、すべてのものを実際よりも大きく見せ、風や明るさの感覚を与えます。私たちは 色の話題 前回の記事で、メインカラーやデザインの選択に悩んでいる方には、その記事が最適です。

重要事項

照明 - 適度な明るさの照明を選んで、普段よりも明るくします。そうすることで、空間が実際よりも広く感じられるようになります。最も暗いコーナーを選んで、適切な照明ソリューションを合わせます。

ミラー - 照明との相性は抜群です。どんな光源であっても、それを倍増させて空間を広げてくれます。廊下やログハウスの中心となる場所は、鏡を使うのに最適です。どんな空間であっても、鏡はその空間を増幅させます。

奥行きを感じさせないアート作品 - 奥行きを強調するには、実際よりも空間が広いと思わせるようなアート作品を選ぶのが効果的です。今、現代のシュルレアリスムや幾何学的なアートには、奥行きの感覚を無視して、より多くのスペースを生み出すようなものがあります。小さなアパートの出現により、この種のアートワークは都市から自然環境へと移行し、小さなログハウスにも恩恵をもたらしています。

どちらを選ぶにしても、事前にプロに相談することをお勧めします。まず自分のスタイルを見つけ、それを決定してから細部を実行する。自分が考えている空間が、人間工学的に今以上に改善できないかどうか、常に自分に問いかけてみてください。狭い空間にはたくさんの素晴らしい選択肢がありますから、それを選ばなければなりません。幸運を祈ります。