冬がやってくる!ログハウスに泊まるメリット・デメリットとは?

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ アドバイス

冬の間、小さなログキャビンに滞在するのは、とてもロマンチックで居心地のよいアイデアです。楽しそうに燃え盛る火、暖かい飲み物、窓の向こうにゆっくりと降る雪の結晶。これはとても素敵な光景で、ほとんどのログキャビンや現代的なログハウスで実現可能なものです。しかし、どんな夢でもそうですが、念のために現実を確認しておく必要があります。

今回の記事では、冬にログハウスで過ごすことのメリットとデメリットについて、ユーロディタの知識をご紹介します。寒さと湿気には独特の課題があり、地元のグルラムハウス問屋に行く前に意識して準備しておく必要があります。

メリット

山に近い-熱心なスキーヤーやスノーボーダーであれば、冬は大好きな季節でしょう。だからこそ、山の中、ゲレンデの近くに自分のログハウスを持つことは夢のようなことなのです。すべてが近くにあり、長い道のりを歩いたり、下山するたびにバスに乗り換えたりする必要はありません。エレベーターに乗ってゲレンデを楽しむことができます。

森に近い-冬の森には、あまり知られていないかもしれませんが、きっとやりがいのある素晴らしいアクティビティがたくさんあります。まず、専用のスキーを使ったクロスカントリートレッキングです。長時間のトレッキングの後に自分のキャビンで休むことは、それだけでご褒美です。単に休息の場としてだけでなく、ログの壁やマントルピースの上にトロフィーを飾るのもいいだろう。冬のアクティビティとしては、ハスキー犬とのスラロームがおすすめです。特に北の地域で人気があり、居心地のよいログキャビンで終わる大冒険ができます。

BBQ小屋をフル活用 - 冬のグルラム・ティンバーフレーム・ハウスは、BBQ小屋なしでは成り立ちません。 コタのグリルキャビン.この記事では、BBQ小屋の利点とその可能性について詳しく紹介しています。 前回の記事.ログハウスの中でのサウナは、冬の最高の体験と言えるでしょう。

デメリット

暖を取る必要性 - 気温が零度をはるかに下回るため、ログハウスの家を暖める必要性がすぐに生じます。薪や押し木、その他の燃料など、冬の間は常に投資が必要になります。ログハウスが森の中にあり、木を切って燃料にすることが許されているのであれば、問題はかなり小さくなります。しかし、そのような選択肢がない場合は、燃料の輸送を考慮し、シーズン中に必要な量をまとめて購入する必要があります。

立ち往生のリスク - 冬の天候は気まぐれで、グルラムログハウスの立地条件によっては、ログハウスへの出入りが困難になることがあります。大雪が降ると、どんなに大きな車でも、雪の積もった田舎から脱出するのに苦労します。ログハウスに引きこもるときは、常に天候のことを頭に入れておきましょう。自治体の除雪活動をチェックして、それに合わせて滞在計画を立てましょう。

迷惑な野生動物 - 冬になると野生動物の大半は眠りにつきますが、中にはまだ活動を続けている動物もいます。特に、ネズミや小鳥などです。これらの動物は、寒さや捕食者から身を守るために活動しています。そのため、暖房の効いたログハウスは、暖かさ、ゴミ、水、残飯などの主な標的となります。グルーラム・ビームスの家に着いたらすぐに、小さな隙間がないかチェックし、小さな野生動物に対してカバーをかけるようにしてください。

これらは、あなた自身の現代的なログハウスの家のキットを構築または購入する際の主な利点と欠点です。どの場所に建てるにしても、天候や地域の動物相、そして自分の主なニーズを常に念頭に置いておくことが大切です。ここで紹介した機能のすべて、または大部分を満たすログハウスであれば、あなたは良い買い物をしたことになります。迷わずログハウス業者に相談して、自分のニーズに合ったものを提案してもらいましょう。迷った時にはセカンドオピニオンを受けてみるのもいいでしょう。幸運を祈ります。