ログハウスビジネスを始めるならB2Bで行こう!

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ アドバイス

私たちユーロディタは、創業26年のログハウスメーカーとして、ログハウスビジネスを構築する上で、多くの知見を持っています。私たちは、世界中のパートナーとなる他社との共同作業の経験が豊富です。私たちのビジネスモデルでは、私たちが彼らの生産拠点となり、オーダーメイドのログハウスやスタンダードなログキャビンを注文していただき、私たちはそれを実現するために全力を尽くします。一方で、最高品質の木材を提供してくれる信頼のおける会社や、自社のログハウスが他の注文で手一杯になった時にログハウスを輸送してくれる会社とも提携しています。この記事では、私たちがB to Bビジネスの経験から学んだこと、そして、適切なパートナーを得て、あなた自身のログホームサプライヤーのスタートアップがどのように飛躍的に成長できるかをお伝えすることにしました。

そもそも、なぜログハウスなのか?

これは、方法の詳細を説明する前に必要な基本的な質問でしょう。まず、「なぜ」です。簡単に言えば、世界のログハウス生産は成長しているビジネスです。中国やその周辺地域の新しい市場が開拓され、ログハウスの需要が高まっているのです。2019年にMarketwatch.comが示したように、2018年から2023年にかけて、グルーラム材の市場はほぼ5.5%で成長すると予測されています。これは、私たちがすべての製品に使用しているグルー・ラミネイテッド・ティンバーの需要が伸びていることを示しており、ひいてはそれを使用したすべての製品も伸びていることになります。

ビジネスを成功させるチャンスは、特に新しい市場が開拓されているときにあります。グルーラム・ログハウスの市場がすでに成熟しているヨーロッパに加えて、中国、オーストラリア、カナダなどでも、特にグルーラム・ティンバーハウスの需要が高まっています。グルーラム材は、従来の板材や丸太に比べて柔軟性に富んでいることは言うまでもありません。

プロデュースするなら、素材にこだわる

もし、あなたが自分の生産ラインを始めようとしているなら、何よりもまず、生産材料がしっかりしていることを確認してください。低価格帯、中価格帯、高価格帯、あるいはそのすべてのセグメントに合わせて、木材は適切な価格のものを選ぶことができますが、やはり良質なものでなければなりません。適切な木材を選ぶことで、生産のもう一つの基本的なルールである「可能な限り最高の品質で生産する」ことができるのです。さらに言えば、直接の競争相手よりも良いものを作ることです。これを実現するには、優れた生産インフラが必要ですが、原材料となる木材の重要性は、いくら強調しても足りません。

目的に合った良質な木材を調達できるパートナーを探すこと。時間をかけて選定していきましょう。私たちの場合は、最高品質のパイン材を供給してくれるスカンジナビアのパートナーを見つけることができました。ノーザンパインは丈夫で成長が遅い常緑樹で、素晴らしい軽量の木材に成長し、私たちの製品を高めてくれます。 コンテンポラリー・ログホーム・デザイン を新たな高みへと導きます。品質は、成功のレシピの最初の材料です。

自分の強みにフォーカスする

グルーラムハウスの生産にも、他のビジネスと同様に課題があります。それを乗り越えるには、自分の強みに集中するのが一番です。ユーロディタの場合、それは生産と顧客サービスです。私たちは、顧客第一主義の考え方を採用したことで、大きな成果を上げることができました。また、市場で最高のログハウスを作るために、生産プロセスに多くの投資をしました。

生産が得意でない場合は、得意なことに集中するという選択肢もあります。営業、マーケティング、接客、施工......これらのサービスはすべて、グローバルなログハウスビジネスの重要な部分であり、ビジネスを継続するために必要なものです。グルーラムハウスの建設に必要なスキルや人材があれば、優れた生産者を選び、その生産者のログハウスを顧客のもとで組み立てることができます。しかし、あなたが営業力に長けているのであれば、営業力を重視して、あなたのポートフォリオを形成してくれる生産者を選び、あなた自身のログハウスブランドを育ててください。

もっと簡単に解決できることに無駄な努力をしないことが大切です。自分の得意分野をじっくり見極めて、それをログハウス市場にどう生かすか。また、自分の会社がどのようなものになるのか、ビジョンを持つことも大切です。最後に、あなたの活動をサポートしてくれる信頼できるパートナーを見つけてください。私たちのパートナーは、私たちのサービスに100%の満足度を報告していますが、これは私たちの強みである生産品質と顧客サービスに投資することで実現したものです。 お問い合わせはこちらから これがあなたの望むルートであれば、もっと話し合うことができます。