ログハウス建築のテクニック - 早く、安く、ログハウスを建てる方法

投稿日:1970年01月01日

ログハウスの建設技術

ログハウス建築のテクニック - 早く、安く、ログハウスを建てる方法

現代の住宅におけるログハウスの建築技術やデザインは、知識がないとなかなか難しいものがあります。実際、ログハウスや住宅のキットを材木店に注文するのは、コストがかかりすぎて恥ずかしいと思う人も多い。しかし、基本的な知識を身につけるのは簡単なことで、難しい部分は実際のキャビンプランの細部に隠されています。

ログハウスの建築技術の中で最も驚かれるのが、壁と床の根太の接合にコーナーを使うことです。コーナーとは、ログハウスの端と平行に配置された木材のことです。コーナーの使い方にはいくつかの種類がありますが、ここではその中でも特に優れたものを紹介します。最初にご紹介するのは、フルダブテールノッチと呼ばれる手法です。

このログハウスの建設技術は、初期のアメリカの開拓時代に由来するものです。フルスクライブ・ログキャビンは、通常は丸い2本の丸太を2段重ねにして建てられます。丸太にはスカンジナビア式の切り込みが入っており、下端にはそれぞれ手で削った切り込みが入っている。丸太は一本一本が個性的で、個人の好みに合わせてカットされることが多いため、これらのハーフダブテイルは驚くほど見栄えのするものが多い。

2つ目は「サドルノッチ」と呼ばれる手法です。丸太を一本一本手で切るのではなく(もちろん、手で切っても問題はありませんが)、サドルノッチと呼ばれる大きくて重い丸太を切り、これを小屋の角にします。切った丸太は、サドルノッチを介してメインキャビンの下側に固定されます。これは厳密なルールではありませんが、最高のキャビン・コテージは必ずサドルノッチを採用しています。これは、まるで自分のために作られたかのような本物の外観を持つからです。

最後にご紹介するのは、誰もが知っている「二重スラット」を使ったログハウス建築術です。二重スラットのアイデアは、中央に1枚のドアを開け、両サイドにすのこ状のドアを設けることです。これにより、空間が広くなり、家具の移動がしやすくなります。また、重たい箱を移動するときに擦れるような硬い面がないので、床が平らになります。

最後にご紹介するのは、「スクライビング・ログハウス」という手法です。これは、フレームとなる幅広の長い木を探してきます。この丸太を円形にカットするのですが、すぐに組み立てるのではなく、角度をつけて配置していきます。ジグソーで板の端を丸めていく。円を描き終えたら、接着剤を使って丸太の骨組みに釘で固定していきます。

このように、ログハウスは様々な方法で作ることができます。これらの方法はほんの一例に過ぎませんが、非常に多くの選択肢があり、自分のニーズに合ったものを見つけるのに苦労することはありません。製造された丸太ではなく、本物の丸太を使いたいという方には、これらの方法がぴったりです。そうでなければ、まずは丸いログハウスを提供している会社を探してみてください。丸太を購入する際には、窯で乾燥させた高品質の丸太を使用しているかどうかを確認してください。

窯で乾燥させた良質なログを使用している会社を選ぶことが重要です。ログハウスを建てる際に使用する丸太ですから、できるだけ良いものを使いたいですよね。節約が気になるという方もご安心ください。自分で作った丸太は、製材されたものを買うよりもはるかに安い価格で購入できることが多いのです。結局のところ、丸太を購入するために数ドル節約することは、丸太を製材するためにまったく別の会社にお金を払うことよりも、コストがかからないのです。また、人に頼みたくない場合は、自分で切ったり穴を開けたりすることでコストを削減することも可能です。