ログハウスのサイディング製作のコツ

投稿日:1970年01月01日

裏庭にログハウスを作るには、週末の作業費よりも安い費用で作ることができます。しかも、サイディングは半額です。どうやって?シンプルで基本的なログハウスのサイディングプランを利用すればいいのです。高価な注文住宅のようなログハウスを作る方法をご紹介します。

ログハウスサイディング

ログハウスのサイディングの美しさは、自然の力で腐りにくく、風化しにくいことにあります。長年の使用にも耐え、自然の色を守るためにペンキやニスを塗る必要もありません。下地から始めて、既存の壁に固定し、次の層を追加して、さらに釘やサイディングピースで下の部分を保護します。計画通りに進めていけば、森の中の家に求められる現代的な利便性を備えた、豪華で素朴なキャビンができあがります。終わってみれば、ログハウスの魅力はもちろんのこと、それ以上のものを手に入れることができます。

ログサイディングには2つの方法があります。1つは、通常の丸太を短冊状に割って使う方法。もう一つは、丸太を割る際に天然のピーカンやシダーのチップを使う方法です。どちらにしても、構造的に優れ、風雨を防ぐことができるログサイディングになります。割りばしはすでに処理されているので、防水性が高く、ほとんどの虫が近寄ることもありません。また、木材自体も頑丈で、どんなスタイルの家にも調和する豊かな自然の色をしています。

フルログサイディングを作るには、スラブを厚さ3インチ以下にカットして、パンケーキを重ねるように並べる。一枚一枚を押さえながら、外から釘やネジで留めていきます。釘やネジは、サイディングに使用している木材と同じものを使うとよい。そうすることで、釘やネジが木の奥深くまで埋まり、錆びることがなくなります。

いよいよシダーパネリングの上にログサイディングを施工していきます。多くの人は、外壁にパネルを貼り付けることを選択します。この場合、外観はすっきりとしたものになり、色も自由に選べます。しかし、より頑丈な外観にしたい場合は、羽目板の上にログサイディングを設置することもできます。

外壁のシダーパネリングの上にログサイディングを設置すれば、より素朴な印象を与えることができますが、それは外壁のサイディングに施すのと同様のシーリング材を使用した場合に限られます。もし、すでにログハウスのサイディングを貼っているなら、今からでも遅くはありません。ご近所のシダーパネリングを見て、写真を撮ってみてください。それを参考にして、どのような羽目板が一番似合うかを考えてみてください。心配しなくても、これは簡単なことです。ネットで写真が見つからない場合は、ログハウスを建てたことのある友人に聞いたり、「キャビンサイディングの写真」のサイトを探したりしてみてください。

どんな羽目板にするかを決めたら、次はどんな丸太や木材を使うかを決めます。一般的には、パイン、シダー、ヘムロックなどが挙げられます。本格的な田舎風にしたいなら、ヘムロックやパインの丸太を使うといいでしょう。しかし、より明るく自然な雰囲気を出したい場合は、白やピンク系、クリア系の木材を使うとよいでしょう。

サイディング材を選ぶ際には、お住まいの地域の気候に注意してください。サイディングは含水率を考慮して選びましょう。サイディング材は、木目がかみ合っているものを選ぶとよいでしょう。そうすれば、濡れたり乾いたりしても、サイディングが揺れたり動いたりすることはありません。建築資材店でサイディングを購入する前に、お住まいの地域の営業規則を確認してください。多くの場合、建築資材店では住宅用の木材やサイディング材を販売していないので、専門店に行かなければならないかもしれません。