ログハウスで代替エネルギーを利用する方法

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ アドバイス

ログハウスは、レンガやコンクリートの住宅に比べて、環境に優しいというイメージがあります。確かに、ログハウスは都市部から離れた場所に建てられることが多く、建築時に二酸化炭素を排出しないという意味ではその通りです。もちろん、ログハウスを選ぶ人と選ばない人とでは、ライフスタイルが大きく異なることは言うまでもありません。リサイクル、ゼロ・ウェイスト、再生可能な素材など、これらの哲学はログハウスに住む人々と一致しています。このようなケースで解決が難しいのが、再生可能エネルギーです。

代替エネルギーをログハウスに活用するには?この問題について、お客様にどのようなアドバイスをすればいいのか?この記事では、そのような疑問にお答えしていきます。

太陽エネルギー

世界で3番目に普及している代替電源で、急速に普及しています。大国が大量に使用している一方で、一般の人々が個人的にこの電源にアクセスし、購入できるようになってきたことも、その増加の要因となっています。

パートナー企業がユーロディタに発注するログキャビンやログハウスは、屋根板がない状態で届きます。つまり、建設段階では、パートナー企業は、屋根の下に適切なタイプの屋根板を敷いて、屋上のソーラーパネルを設置することができるのです。屋上のソーラーパネルは、お湯を沸かしたり、電気を供給したりするのに、ますます効率的になっています。もし、あなたの住宅が季節限定のものであれば、つまり、お客様が暖かくて日差しの強い季節にしか使用しないのであれば、このようなソーラーパネルで十分にエネルギー需要をカバーできるかもしれません。

また、屋根の上に設置された専用の水汲み場で、太陽熱を利用して水を温めることもできます。屋根板だけのログハウスキットをユーロディタに注文する大きな理由は、正しい屋根板の構造を選択するためです。さらに、これらの容器の中には、雨水を集めてろ過することができるものもあり、太陽光発電と雨水の代替手段を両立させることができます。

バイオマスエネルギー

グルーラム材を使った住宅の多くは、暖炉や炉でバイオマス(木)を燃やす方法を採用しています。しかし、再生可能エネルギーであるバイオマスを、ゴミなどの身近な資源を利用して利用することも可能です。このような選択肢をお客様に提案し、まずはこのようなエネルギー源を提供してくれる企業に相談してみましょう。

風力、水力、地熱 

再生可能な手段でエネルギーを生産する方法としては、水力発電と風力発電が1位と2位に挙げられます。地熱も徐々に台頭してきていますが、どこにでも万遍なく存在するわけではないエネルギーの一種です。このような場合、代替エネルギーに切り替える最も簡単な方法は、電話をかけて地元のプロバイダーに連絡することです。世界的に見ても、再生可能エネルギーへの切り替えを行っている事業者は増えており、顧客は自宅に何も設置せずに切り替えられる可能性があります。都心から離れたあなたの顧客も、もしかしたらこの切り替えの対象になっているかもしれません。このような提案をすることで、現代のログハウスは真の意味で環境に優しい住まいとなるでしょう。

少額の寄付で大きな効果 

気候変動への影響を心配しているお客様には、大きな影響を与えることができる小さな一歩を踏み出すことをお勧めしましょう。例えば、コンポストホールを作ることを提案し、そこに有機廃棄物を蓄積して、効果的な肥料に変えることができます。ログハウスを川の近くに建てることを提案し、川の流れを利用してわずかな電力を得ることができます。可能な限り冷たい水を使い、リサイクル可能なゴミを保管するための庭の小屋を追加で建てることを勧めます。

自然に近いところで生活しながら、代替エネルギーを利用する方法はたくさんあります。今、販売されている現代的なログキャビンは、これらの住居が需要があり、その需要が拡大していることを証明しています。環境に配慮した生活を実現するために、オーダーメイドで個性的なログキャビンやハウスが登場しています。あとは、お客様に正しい道を示し、環境に優しい生活をする方法を教えてあげるだけです。