木材のリサイクル:その方法とは

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ビジネス

1994年にユーロディタが設立されて以来、私たちは常に持続可能性の側に立って活動してきました。私たちのプライベートブランドの住宅は、責任を持って管理された再生可能な木材資源から作られているだけでなく、建設現場では無害です。グルーラムハウスは、構造体を一から作るのではなく、組み立てるだけでキャビンキット全体が完成するため、建設現場の汚染を大幅に軽減することができます。

広く書かれているように 前回の記事でまた、木材は経年変化や風雨の影響を受けにくいという特徴があります。このような木の特性は、集成材を使用することで、さらに強化されます。これにより、長期的な耐久性を実現しています。 オーダーメイド・ログハウス.当然のことながら、リサイクルはどうするのかという疑問が湧いてきます。木材のリサイクルは労働集約的なプロセスですが、環境や世界の木材産業にとっては非常に重要なものです。この記事では、木材リサイクルの一般的なプロセス、リサイクルされた木材製品がどこで使用されているか、リサイクル業者が直面している課題についてご紹介します。

リサイクルプロセスについて

建設現場やスクラップヤード、一般のゴミ捨て場などから出た廃材や木材は、通常、リサイクル工場に流通して処理されます。木片はすべて、強力な木材シュレッダーに積み込まれ、さまざまな工程を経て破砕されます。振動スクリーナーは、大きなサイズの木片と小さなサイズの木片を選別し、それぞれの目的に合わせて分けることができます。大きなサイズの破片は建築などに再利用され、非常に細かい破片は動物の寝床として利用されます。この2つのサイズの間にあるものはすべて広幅の工場で処理されます。このプロセスは非常に効率的で、製品を無駄にすることはありません。国によっては、廃材や木材は埋め立て処分されたり、回収されてそのままリサイクル工場に持ち込まれたりします。

木材を回収してリサイクルするなどの課題 

木材をリサイクルする際に、最も大きな割合を占めるのが建設現場です。ここでの最大の課題は、木材は通常、建設中に使用されるあらゆる種類の木材が混在しているという事実です。無垢材の中には、集成材や合板、処理材などが混ざっていることがあります。これは、リサイクル業者にとって大きな課題です。これは、非常に手間と時間のかかる作業です。解体現場も廃材の宝庫です。解体現場では、他の材料と混ざっていることが多いため、木材を回収することはほとんどできません。

リサイクルのソリューション

先に述べたように、ユーロディタはリサイクルが直面する課題に対する解決策として、長寿命化を掲げています。グルーラム・ログハウスは、時の試練と風雨に耐えるために購入された構造物です。建てられた後は、その住宅としての品質が長持ちすることを保証し、私たちのグルラム・ビーム・ハウスがゴミ処理場に置かれるのは、極めて特殊な状況に限られることを確認しています。もうひとつの課題は、建設現場の規模と期間を縮小することです。私たちの多くは ログホームキット セメント基礎を必要としますが、それ以外の部分はあらかじめ組み立てられた状態で届き、組み立てるだけです。これにより、長い時間をかけて行われる建設作業から生じる廃棄物を大幅に削減することができます。また、不要なパーツを一切使用しないフラットパックなので、木材の無駄も省けます。

ヨーロッパをはじめとする欧米諸国では、廃棄物を安全に処理するために多くの資源が投入されています。廃材の新しい様々な用途に加えて、リサイクルのコストも大幅に削減されています。このプロセスは、より良いリサイクル木材をより大量に生産するために、ますます効率的になっています。木材廃棄物に含まれる汚染物質という大きな課題は、廃棄物の分別に関する適切な教育によって解決することができますが、これはすでに増加傾向にあります。

全体的に見て、リサイクルは重要であり、今後も重要であり続けるでしょう。それがもたらす課題は、プロセスをより効率的にし、お客様や業界による持続可能な選択をすることで解決できます。ユーロディタは、ログホーム製造を最終顧客への持続可能で長期的な提案として推進し、建設現場の廃棄物をさらに削減することを約束します。