マス・ティンバー:最近のトレンドとその利点

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ビジネス

1800年代後半に発明品として登録された接着剤付き積層材は、新しい技術ではありませんが、世界的に人気が高まっています。ヨーロッパでは以前から広く採用されていましたが、今では米国市場にも進出し、優れた耐火性能と高層建築物への柔軟性を備えた、低炭素型の新しい選択肢として評価されています。

世界的に流行している「マス・ウッド」とは、木材を何らかの方法で積み重ねて作られた素材のことです。マス・ウッドとは、木材を何らかの方法で積み重ねて作られた素材のことで、その名前は、木材から作られたモジュールの大きさに由来します。大量の木材を組み合わせて1つの作品を作ることができるため、マス・ウッドと呼ばれています。

Euroditaが選択したのは、接着剤を使ったラミネーションです。グルーラムは、長いスパンでフレームを露出させることができ、エレガントで面白い曲線を描くこともできます。私たちのログハウス製造プロセスは非常に柔軟で、新しいデザインや注目を集めるデザインを採用することができます。 オーダーメイド・ログキャビン・ハウス.グルーラムの技術的な側面については後述します。今回の記事では、建築分野を席巻しているマス・ティンバーの動向をご紹介したいと思います。グルーラム・ログキャビンだけでなく、賞を受賞した建築物や超高層ビルまでもが、マス・ティンバー製品で建てられるようになりました。この種の木材は、耐久性、耐火性、リサイクル性、低炭素性に優れていることが証明されています。

クロスラミネート材

まず、クロス・ラミネイテッド・ウッド(CLT)について説明します。CLTは、3枚、5枚、7枚の木材を重ねたパネルで構成されています。このパネルを90度の角度で横に重ね、接着剤で固定します。構造用接着剤とフィンガージョイントで板をつなぎます。このようにして、非常に頑丈な木造建築物が完成します。この強度により、設計者は、広いプレハブの床スラブ、高いプレートの高さ、平屋の壁など、様々なクリエイティブな方法で木材を使用することができます。

ダウエル集成材

マス・ティンバー・ムーブメントのもうひとつの優れたオプションは、DLT(ダボ・ラミネート・ティンバー)です。これは、接着剤や伝統的な釘の代わりにダボで板を固定するものです。ダボは広葉樹、パネルは針葉樹でできています。針葉樹と広葉樹の含水率の違いを利用して摩擦力を与え、寸法安定性を高めています。さらに安定性が必要な場合は、ダボを斜めに入れることで安定性を高めています。DLTは強力な選択肢であり、特にグリーン・ムーブメントに人気があります。DLTは、金属や化学物質を含まないため、廃棄やリサイクルが非常に容易です。

釘打ち集成材

NLT(ネイル・ラミネイテッド・ティンバー)と呼ばれるこの工法は、実は古くからあるもので、現在の建築市場ではある種のルネッサンスを迎えています。NLTのパネルは、釘やネジを使って強度を高めています。なぜ復活したのかというと、国内で入手できるからです。このマス・ティンバー製品は、専用の製造施設を必要としません。DLTやグルラム材と比較すると、NLTは入手しやすい寸法の木材で簡単に製造することができます。DLTやグルラム材と比較すると、NLTは入手しやすい寸法の木材で簡単に製造できるため、建築家やメーカーは地元の木材を使用することができます。

接着剤付き集成材

最後に、大量の木材を生産するための独自の糊付け積層法、すなわちグルラム。グルーラム板は、応力評価に基づいて積層材を配置。グルーラム・プランクは、応力評価に基づいて積層材を配置し、長尺のスパンを形成するように端と端を接合し、耐久性と耐湿性を備えた接着剤で接合します。その際、木目が長さ方向に平行になるようにして、強度を高めています。このようにして、私たちは美しく、優れた製品を生み出すことができるのです。 コンテンポラリー・レジデンシャル・ログキャビン.グルーラム材を使用したログハウスは、耐久性、美観、機能性に優れています。必要な長さと幅の板をほぼ自由に成形できるので、ほとんどのデザインの住宅をオーダーメイドで作ることができます。

私たちは、ビジネストレンドの最前線にいることを嬉しく思い、誇りに思っています。私たちのログハウスは、オーナーに長く愛用され、風雨にさらされることもなく、耐久性にも優れています。また、私たちのパートナーが私たちを遠隔地の生産施設として利用し、成功を収めていることにも満足しています。私たちオーダーメイドログハウス会社は、オーダーメイドログハウスの夢を実現しながら、さらに技術を向上させ、将来性のある製品を提供する方法を常に模索していきます。マス・ティンバー、グルー・ラミネーション、そして私たちの生産ラインにおけるマス・ティンバーの役割についてもっと話しましょう。ご連絡はこちらから パートナープログラム そして、Let's do business!