当社のプライベートラベルポリシーについて知っておくべき4つのこと

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ ビジネス

プライベートブランドポリシーについての4つのポイント

Eurodita Log Structures社では、プライベートブランドという特性上、積極的に答えられない問い合わせを受けることがあります。例えば、エンドユーザーがBBQハットを1つだけ購入したいという場合。また、イギリスのディーラーからは、「近くに当社製品の販売店があるので、見に行ってほしい」という依頼もあります。

このようなリクエストは、パートナーとの契約上、処理できません。しかし、ここで良いニュースがあります。あなたが私たちの木材製品の販売店になると同時に、同じようなメリットを享受することができるのです。

#1 私たちの製品は、あなたの製品です。

Euroditaは、プライベートラベルのために、プライベートラベルのみのために生産しています。この原則により、販売店にはユニークなマーケティングの機会と大きなマークアップの可能性が与えられています。オーダーメイドデザインの初期図面から最終製品まで、お客様がユーロディタから受け取るすべての製品には、ユーロディタのロゴやその他の出所を示すマークは付いていません。供給元を公開するかどうかは、お客様ご自身でお決めください。あなたが最も利益を得られると思う方法でログハウスをブランド化し、販売してください。

#2 独占欲の甘さ

また、独占販売権も可能です。一定の条件を満たせば、あらかじめ決められた地域でユーロディタの木材製品の唯一の販売店となる取り決めを行います。契約期間中、その地域の他の卸売業者や小売業者には、当社製品の購入と販売の権利が与えられません。

#3 機密保持の盾

私たちは、私たちの木材製品の再販業者としてのアイデンティティを守るために、妥協のない取り組みを行っています。この取り組みは、現実的な形で行われています。毎日のように、私たちの製品に興味を持った販売店から、購入する前にまずログキャビンを確認したいという問い合わせがあります。このようなケースでは、近隣で当社の木材製品を販売している小売店を紹介してほしいと頼まれることが多い。このような依頼はいつもお断りしています。

#4 B2Cの問い合わせの紹介

また、ログハウス、バーベキュー小屋、ログシェッド、プレイハウスなど、特定の木材製品に興味を持っているエンドユーザーからの問い合わせもよくあります。私たちはいつも、B2Cのメーカーではなく、B2Bのお客様としか取引をしていないことを説明しています。しかし、エンドユーザーと同じ地域で事業を展開している場合は、販売店としてエンドユーザーを紹介することができます。このタイプの紹介は、次の2つの条件を満たす場合に行います。1)販売店からの依頼・許可があること 2)問い合わせが真正であることを確認すること

Euroditaは、豊富な種類のログおよび木材構造物を製造しています。ログキャビン&シェッド、スタンダードキャビン、ログハウス。 ログキャビン・スクールハウスキャンピングポッド、ガーデンサマーハウス、ガーデンファニチャー、プレイハウス、BBQハット、木製カーポート・ガレージ、木製ホットタブ、木製パビリオンなど、北欧の最高級木材を使ったさまざまな構造物をご紹介します。