森のログハウス・サマーハウスを購入する際に知っておきたいこと

投稿日:1970年01月01日

森のログハウス・サマーハウス

森のログハウス・サマーハウスを購入する際に知っておきたいこと

ログハウスを建てようと思ったときに気になるのが、「森のログハウス」「森のサマーハウス」をどうやって手に入れるかということです。確かにネットで検索すれば、それなりのものが見つかりますが、購入前にはいくつかのポイントがあります。例えば、どんなスタイルにしたいのか、どれくらいの大きさのログハウスを建てたいのかなど、イメージはあっても何から始めたらいいのかわからないという人もいるでしょう。まず最初にするべきことは、木材ログのサイズごとの価格を把握することです。

これは、どのようなサイズと価格があるかを判断する簡単な方法です。お気に入りのオンラインキャビンやサマーハウスのサプライヤーに行って、サイズ別に提供されているサイズを調べるだけです。ログハウスやサマーハウスのサイズにはいくつかの種類があり、その中には幅や長さ、高さが異なるものがあります。建築家の中には、標準的なサイズを選んで建てている人もいます。あまり高いものや広いものを建てる予定がなければ、標準的なサイズで構いません(ただし、幅や高さのあるキャビンやサマーハウスを見つけることは可能です)。ただ、オンラインでプレビルドログを購入する場合は、自分の敷地に合ったサイズのものを選ぶと間違いがないでしょう。

ログハウスやサマーハウスの大きさが決まったら、次はそれを建てるための材料を考えます。ログハウスやサマーハウスに必要な金物は、ほとんどがレッドウッドで作られています。しかし、白松を使うのであれば、別途購入した方が便利でしょう。木材にはたくさんの種類があり、そのどれもがキャビンやサマーハウスに最適なものです。自分の好みに合ったものを見つけることが大切なのです。ただし、ステインやペイントを施す場合には、木材の種類を間違えないようにしましょう。

木材以外にも、良いログハウスやサマーハウスを構成する要素のひとつに床があります。ログハウスの床は、コルクがいいという人もいれば、石材の方がいいという人もいます(実際、施工もしやすいです)。ただし、コルクを使う場合には、コルクの扱い方に注意が必要です。つまり、プロから情報を得たり、講習を受けたりすることです。そうしないと、後で後悔することになるかもしれません。

ログハウスやサマーハウスを購入する際に、もうひとつ重要なのが「金具」です。金物は簡単に手に入ると思われがちですが、実はきちんとした書類がないと販売できないメーカーも多いのです。そのため、購入する際には、きちんとしたところから購入する必要があります。例えば、ノコギリの刃やその他のハードウェアに保証書が付いているかどうかを確認せずに購入することはありません。そうすれば、将来的に自分に不利にならないようにすることができます。

デザイン面では、さらにいくつか気をつけるべき点があります。間取りが造園にマッチしているかどうか。例えば、庭に木がある場合、長方形のサマーハウスではなく、それに合わせた「サイジング」が必要です。忘れてはいけないのは、これらの構造物の多くは、その下に「キュービーホール」が設けられていることです。例えば、バスルームとして使うことを想定しているのであれば、トイレやシャワーカーテン、バスタブなどの備品で窮屈にならない程度の広さを確保する必要があります。

最後に、断熱材にも手を抜かないでください。コテージやログハウス、サマーハウスなどにログを置くからといって、断熱材に手を抜く必要はありません。コテージやログハウス、サマーハウスなどにログを置くからといって、断熱材に手を抜く必要はありません!このような場合に有効な断熱材はいくつかあります。発泡ボード、ミネラルウール、セルロースなどがあります。

今回はこれでおしまいです。お立ち寄りいただきありがとうございました。これらのヒントが、あなたの完璧なキャビンやサマーハウス探しのお役に立てれば幸いです。それでは、お元気でお過ごしください。