バーモント州のログキャビンを検討する際の注意点

投稿日:1970年01月01日

バーモント州のログキャビン

バーモント州のログキャビンを検討する際の注意点

バーモント州の中心部では、50年前と同様にログキャビンが人気を博しています。美しい景色と静かな環境は、別荘として、あるいは恒久的なバケーションレンタルとして最適な環境です。今回は、そんなバーモント州のログキャビンの特徴や設備をご紹介します。

バーモント州のログハウスは、1700年代からアメリカの風景の中で重要な役割を果たしてきました。初期の入植者の多くは、自然の空洞や地面の穴を利用してログハウスを建てました。これらの頑丈な住居は、厳しい環境からの避難所として、ネイティブ・アメリカンの部族によく利用されました。その後、季節的に白人の入植者が開拓地にやってくると、これらの家は放棄されてしまった。しかし、最近になってバーモント・キャビン・スタイルの人気が再燃している。

ログハウスのレンタルを選ぶ一番の魅力は、なんといっても景色です。大規模な森林から小さな伐採地まで、さまざまな風景が州全体に広がっている。北東部の大きな山脈の多くには、小さな小川や湖、川があり、簡単なハイキングや釣りを楽しむことができます。穏やかな時間を過ごしたい人には、州内の多くの場所に小さな川やクリークが流れています。これらの小さな流れは、浜辺や森の中を美しく、リラックスして散歩するのに適しています。

インターネットでログハウスを購入される方が多いですが、あまりお勧めできません。低価格で提供しているサイトもありますが、場所によっては耐久性に問題がある可能性があります。それよりも、ログハウスを楽しんでもらえる環境が整っている場所を選んだほうがいいでしょう。また、この地域には、ログハウスを専門に貸し出している団体や企業がたくさんあります。このような団体や企業は、お得な価格で貸し出しを行っていることが多く、現在所有していない物件であれば、ウォークインでの貸し出しにも応じてくれます。

バーモント州のログキャビンを考えるとき、次に考慮すべきことは、キャビン自体の中でどんなアクティビティができるかということです。単に水辺でくつろいだり、自炊したりしたい人もいれば、釣りをしたり、週末に地元のトレイルをハイキングしたりするのが好きな人もいます。マウンテンバイクを楽しむ人もいれば、散歩やバードウォッチング、周辺の史跡巡りを楽しむ人もいるでしょう。人々がどんなアクティビティを楽しみたいと思っても、それを可能にするレンタルキャビンを見つけることができるのです。

バーモント州でログキャビンを探す際の注意点は、多くの物件がかなりの維持費を必要とするということです。価格もそれを反映したものになっています。ログハウスの種類によっては、外壁に数個の穴を開けてハンマーで叩くだけで済むものもあれば、完全に解体してシールを貼り直し、屋根を作り直さないと使用できないものもあります。

また、自分でログハウスを建てたいという方にもいくつかの選択肢があります。自分で何かを作ったりするのが好きな人は、自分で作ることでかなりの費用を抑えることができます。もちろん、このようなタイプの物件はかなりの量の手入れが必要なので、このようなプロジェクトに挑戦する際にはいくつか注意すべき点があります。

バーモント州のログキャビンを検討する際には、様々な要素を考慮に入れる必要があります。楽しみたい人は、アクティビティが充実している物件を選ぶと良いでしょう。自分で建物を建てたいと思っている人は、建物を建てるのに必要な基礎や道具が揃っているかどうかを確認する必要があります。建物を建てるのが好きな人は、通常、誰かを雇って1日もかからずにログハウスを建ててもらい、その成果を楽しむことができます。