グルーラム・ログ・キャビン:クラシックなコンセプトに新しいアイデアを求める

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ アドバイス

ログキャビンというと、多くの人が丸太を丸ごと使ったクラシックな建物を想像します。丸太は大きくて重かったり、小さかったりしますが、本質は同じです。しかし、素材設計や生産技術の進歩により、新たな木材の可能性が生まれています。

グルーラム・ログキャビンは、標準的なログキャビンよりも大きな利点があります。長寿命、美観、持続可能性など、グルラムハウス建築の現代的な側面は、オーナーにとっての利点となっています。グルーラム・ログ・キャビンの利点は、それぞれにまとめられているので、この記事ではそれらをまとめてご紹介します。

より強い木材の利点

接着剤を使ったラミネート加工は、他に類を見ないほど木材の強度を高めます。接着剤で板をつなぐことで、木を丸ごと使ったログハウスよりも70%も高い強度を得ることができます。また、接着剤は木材の形状を維持する働きがあるため、時間が経っても曲がることはありません。また、グルーラム材を乾燥させ、水分の蒸発を止めることで、収縮を防ぐことができます。グルーラム材は、一般的なログハウスよりもはるかに耐久性に優れています。

建築的・審美的な自由度

コンテンポラリーログホーム Ullswater
コンテンポラリーログホーム Ullswater

グルーラムを積層することで、自由な発想が生まれます。グルーラムの板材は、ほとんどすべての長さと幅に成形できます。そのため、不思議なデザインや面白い空間を作り出すことができるのです。グルーラム材を使ったメイド・トゥ・メジャーのログハウスは、サイズに制限がありません。豪邸にもなるし、少人数の家族が短い夏休みを過ごすのにも適しています。また、デザインの自由度も高い。ユーロディタ社が使用している明るいノーザンパインは、どんな色にも塗り替え可能なスマートな外観です。軽いので、通常の木材のように色の色合いが変わることもありません。

グルーラムのログハウスは、サイズに狂いがなく製作できます。一般的な丸太は、自然の成長によって大きさが異なりますが、グルーラムの板材は、完全に均一な形に整えられています。そのため、違いを隠す必要がなく、インテリアデザインや施工のプロセスが容易になります。

優れた断熱性

接着剤の積層過程で、木材の自然な特性が維持されます。グルーラム・プランクは屋内でも優れた断熱性を発揮する グルーラムを使った住宅.グルーラム・ログキャビンは、木材の自然な蓄熱性を利用して、夏は暑さを防ぎ、冬は暖房の必要性を数度減らすことができます。また、木材は室内の微気候のバランスを保つのにも役立ちます。これは、木材が余分な水分や匂いを吸収し、乾燥するとそれを放出するという自然の力によって実現されています。これは接着剤を使った集成材でも可能です。

グルーラムログハウスの持続性

ビスポーク・グルラム・ログ・キャビンのサマータイム
ビスポーク・グルラム・ログ・キャビンのサマータイム

接着剤によるラミネート加工は、環境への影響が知られていません。汚染もしないし、劣化も早くありません。メンテナンスの必要性は最小限ですが、他の建物と同様に、適切に手入れをすればグルラム製のログキャビンは長持ちします。どんなに小さなログハウスでも、グルラム材を使って建てれば、特注の住宅用ログハウスと同じように持続可能なものになります。

最終的な感想

標準的なログキャビンは今後も存続します。田舎暮らしとは何か、自然に親しむにはどうしたらよいか、という考えに深く浸透しているからです。しかし、たとえ古典的なアイデアであっても、常に新しいソリューションを探すことが望ましいのです。世界は止まっているわけではありません。材料科学の新たな進歩や、人々が日常生活に取り入れることのできる新たなデザイントレンドがあります。グルーラム・ログ・キャビンもまた、ここに留まるべきものです。グルーラム・ログ・キャビンは、流行に左右されることなく、田舎での生活や持続可能性、自然とのつながりについて、新しい革新的なアイデアを提供してくれます。私たちユーロディタは 貢献したい この動きに