イギリスの木造住宅-その歴史を振り返る

投稿日:1970年01月01日

イギリスの木造住宅

イギリスの木造住宅-その歴史を振り返る

イギリスの初期の住人や他国からの多くの移民は、現地で手に入る材料を使ってイギリスで木造住宅を建てました。独身者のための家もあれば、家族のための家もありました。ある家族は土地を所有してそこに住み、別の家族は同じ敷地内の借家に住んでいた。これらの家には住宅ローンはなく、投資用の物件でもなかった。それどころか、「第一の家族」や「借り手」のための家であり、彼らが建てたもので生計を立てていたのである。このように、家を投資対象とすることで、お金を稼ぐ可能性が無限にあることに気づいたのは、その後のことである。

イギリスの平均的な木造住宅は、その大きさや形からして、本当にログキャビンに過ぎませんでした。これは、初期の入植者たちの家が非常に広い範囲に点在していたためです。どの国にも独自の文化があり、その結果、イギリスで建設された建物も同じでした。例えば、北イギリスの植民地はイングランドの北部に集中しており、南イギリスの植民地は南の海岸線に沿って広がっていました。この2つの植民地の境界は必ずしも明確ではなく、どちらの植民地が何を所有しているかを巡って多くの議論が交わされた。

イギリス人が定住して家を建てたとき、13世紀頃までさかのぼることができる多くの工芸品を残しました。扉、梁、暖炉、壁、穀倉、収納箱などです。これらの品々は、家が建てられた時代の生活を物語っています。また、初期のコミュニティでは、どのような家族が暮らしていたのかを知ることができます。これらの家族は通常、妻と2〜3人の子供、そしておそらく使用人や労働者で構成されていました。

多くの初期のコミュニティでは、子どもたちは木造の家を建てるのを手伝っていました。大人になるにつれ、子供たちはゴミ出しや薪割り、物資の運搬などを任されるようになりました。木造の家では十分な広さが確保できないため、他の材料を使った可能性もあります。例えば、床や壁にはレンガが使われ、屋根には藁が使われていました。

イギリスでは、このような木造住宅の人口が増えるにつれ、人々のニーズも変化していった。そこで、政府はより大きな家を建てることを奨励した。これは、より多くの市街地を生み出し、イングランドの多くの都市で発生していた過密状態を緩和するために行われたものである。産業革命の頃には、都市住民のほとんどがレンガなどの強固な素材でできた大きな家に住むようになっていた。

イギリスの木造住宅には面白い事実があります。それは、イギリスの内務省がオフィスとして登録していたものが多いということです。イギリスの木造住宅は、労働者階級が自分の居場所を持つために、オフィスとして作られました。このオフィススペースは、家族の住居とは別に設けられていた。このようにして、労働者階級は家族から離れて自分の家を持ったように感じられるようになったのである。イギリスの木造住宅の多くは、「おとぎ話の家」という名前で呼ばれていましたが、これはイギリスの多くの労働者が自分の家をこのように見ていたからです。

この「おとぎ話」のような表現は、イギリスの木造住宅を所有していた人々がどのように受け止めていたかという真実に合致しています。家族とは切り離された場所であり、余暇を過ごす場所であった。また、その構造上、とても居心地が良かったのです。建てられたのは、たいてい田舎や田園地帯である。このような田舎の人々には、現代の配管や調理技術のような贅沢なものはないことが多かった。

当時の田舎の生活スタイルは非常に温かみのあるものでしたが、それが仇となることもありました。家の外で過ごすことが多いため、害虫駆除の習慣がないことも予想されます。そのため、火を消したり、糸を垂らしたりといった基本的な方法がとられていました。しかし、木造住宅の利点は、虫の心配をしなくてよいことです。