インテリアデザインのトレンドとグルラムログキャビン

投稿日: 1970年01月01日, カテゴリ アドバイス

ログハウスは、昔から時代を超えた選択肢と考えられています。ログハウスのインテリアデザインは、伝統的なトレンドに沿ったものであることが期待されています。せいぜい、人工的に年季の入った家具や、ニットやフェイクファーを使った、素朴でモダンな納屋のようなデザインでしょうか。あるいは、居心地の良いコーナーや風通しの良さを強調したボーホースタイルになるかもしれません。

しかし、そのようなことはありません。グルーラム材を使った現代的なログキャビンやハウスには、新しいトレンドがあります。それ以上に、現代のトレンドを真に受けて広げることができる素晴らしい空間を提供することができます。そこで今回は、ジャパンチとグルラムのログキャビンについてお話します。

Japandiとは?

インテリアデザインのトレンドとグルラムログキャビン

日本のデザインと北欧のデザイン、つまりスカンジナビアンのデザインが合体したスタイルがJapandiです。そのため、名前も一緒になってJapandiと呼ばれるようになりました。このデザインの本質は、ミニマルで機能的であるということです。このデザインを構成するすべての家具やエレメントは、サステイナブルであること、ハンドメイドであること、クラフトであること、あるいは高品質で機能的であることが強調されています。クリーンで落ち着いた色がこのスタイルを支配しています。このタイプのインテリアデザインを表現するのに使われる他の言葉は、「落ち着く」「静かな」「よく吟味された」「高品質」「天然素材」「エコフレンドリー」です。

これは、InstagramやPinterestで話題になっているトレンドです。Skandiのデザインに投資していた多くの人が、Japandiに軸足を移すことができます。

ジャパンチとグルラムのログハウス

ジャパンチについて知っていることを考えると、ジャパンチはグルラムハウスにどのように統合されるのでしょうか?というよりも、どうやって融合しないのか、という疑問があります。ジャパニートレンドのすべての要素は、グルラムログハウスと関連づけることができます。

インテリアデザインのトレンドとグルラムログキャビン

  • 持続可能で環境に優しい。 強度を高めるために行われる接着剤による積層は、環境への影響がありません。グルーラムログハウスは、板材を長く使うことができるので、長く住むことができます。持続可能な資源から作られており、木材は再生されます。
  • 工芸品のような高品質で機能的。 オーダーメイドのログハウスは、一人一人の注文に応じて作られます。日本の伝統的な要素を取り入れたデザインも可能です。グルーラムハウスの建設が始まる前に、それぞれのスペースが特定の目的を果たすように機能的にすることもできます。また、ユーロディタ社では、高品質のノーザンパインを使用しています。ノーザンパインは、それ自体が丈夫で長持ちする木材です。グルーラム材と組み合わせることで、長期的な品質とオーダーメイドの機能性を備えたログハウスが完成します。
  • クリーンで落ち着いた色、自然な素材。 グルーラムハウスのデザインは、壁、天井、床に多くの木材を露出させています。木の持つ上品で居心地の良いイメージを前面に押し出し、他のデザイン要素を追随させています。色彩は使用する木材によって決まります。ノーザン・パインは明るい木で、空間の広がりや柔らかさ、落ち着いた静けさを感じさせます。

完璧な互換性

現代のログハウスのデザインは、アウトバックにある木材の小屋という伝統的な田舎のイメージからずいぶん進歩しました。今や現代のログハウスは、住宅としてのグレードが高く、主な住居として住むのに最適なものとなっています。現代的なデザインは、現代的なインテリア・アプローチの使用を可能にします。ジャパニーズスタイルは、アップグレードされたログハウスのイメージにぴったりの最新スタイルです。

インテリアデザインのトレンドとグルラムログキャビン

現代のグルラムハウスの構造と製造方法では、想像力が唯一の限界になりつつあります。インテリアデザインのアイデア、つまり最終製品のビジョンから始めて、最新の3Dビジュアライゼーションプログラムを使って構築することができます。このプログラムでは、私たちのパートナーとその顧客が、後に建設現場に到着する夢の家を、生産現場から直接見ることができます。もし、あなたのインテリアデザインのスタイルがジャパニーズであれば、それを追求することをお勧めします。グルーラム・ログハウスの自然や外観にぴったりのデザインです。私たちは常に新しいもの、エレガントでモダンなものを生み出すことに前向きです。